【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
ユニコーンで口座開設時に当サイト限定キャンペーンコードの「angel02」を入力すると500円分上乗せで合計1,500円分のアマゾンギフト券が貰えます!

ユニコーンAmazonギフト券キャンペーン

※キャンペーン期間は2021年2月28日まで

アピリッツ(4174)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

アピリッツ(4174)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事みずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約3.3億円で公開株数240,000株、オーバーアロットメント36,000株です。想定発行価格は1,180円になっています。
 

オンラインゲームを主力事業とした企業なのでIPOでは大人気だと思います!
 

アピリッツ(4174)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場JASDAQスタンダード
上場予定2月25日
BB期間2月05日~2月12日
企業ホームページhttps://appirits.com/
事業の内容各種Webサービスシステムの受託開発それに伴うコンサルティング・クセス解析・インフラ構築・保守・監視事業、及びオンラインゲームにかかる企画・開発・運営、人材派遣事業の運営

 

【手取金の使途】

手取概算額187,264千円については、「1新規発行株式」の(注)4. に記載の第三者割当増資の手取概算額上限39,081千円と合わせた、手取概算額合計上限226,345千円について、①エンジニア労務費投資 ②採用に係る求人費投資 ③広告宣伝費投資へそれぞれ充当する予定です。

上記調達資金については、各々の具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

アピリッツ(4174)IPOの業績と事業内容

収益規模は低いようですが売上は前期で35.8億円あります。赤字上場の銘柄よりも安心できると思います。売上は右肩上がりなので今期も期待ができそうです。コロナにより同社のような企業は少なからず良い方向に向かうはずです。
 

ただ長期間コロナが続くとゲーム業界も開発の面で難しいようです。新しい技術も出てきますからね。
 

同社の事業はWebソリューション事業とオンラインゲーム事業になり、主力はオンラインゲームのようです。売上比率で確認してみると60%がゲーム事業となっています。
 

アピリッツ設立時はECサイトやWebシステムの構築等を行うWebソリューション事業から始まっているため、より収益が見込める事業にシフトしていると言えそうです。今後もオンラインゲーム事業が柱になるそうです。
 

アピリッツ(4174)IPOの業績
 

Webソリューション事業では、顧客企業のECサイトやWebシステムの企画、開発、保守に加え、Webマーケティングやセキュリティ対策までを一貫して対応しています。
 

アピリッツは顧客企業のWebシステムの企画、要件定義、設計、開発、保守・運用のすべての工程を自社内で対応することができるため、顧客が各工程を複数の企業に依頼するのに比べて、顧客ニーズを的確にとらえたうえで、安価かつスピーディな開発が可能となります。
 

また、Webマーケティングに関する支援サービス、セキュリティ診断サービス等も提供しており、保守・運用における顧客ニーズに的確に対応することができます。
 

この他にもASPサービスの提供や人材派遣を行っているそうです。
 

アピリッツ(4174)IPOのオンラインゲーム事業
 

オンラインゲーム事業では、同社で提供しているゲームの企画から開発・運営を行う「自社ゲーム開発」、パートナー企業名で提供されるゲームの企画から開発・運営を請け負う「パートナーゲーム開発」、ゲーム開発企業に当社の人材を派遣する「人材派遣」を展開しています。
 

自社ゲーム開発において開発したゲームエンジンを活用して、パートナーゲーム開発のコストを低減した効率的な開発を行います。
 

また、プロジェクトの緩急発生時に顧客ニーズに対応して人材派遣を行うことで自社人員の育成と同時に収益を確保。自社・パートナーゲームの開発でのノウハウからゲーミフィケーションなどの新たな分野への進出をしています。
 

ボラティリティが高いとされるゲーム事業において安定的な収益確保と事業の横展開を継続しているそうです!
 

アピリッツ(4174)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,180円
仮条件1,120円~1,180円
公開価格2月15日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約2.8億円です。オーバーアロットメントを含めると約3.3億円になります。この規模だと初値3倍は軽く狙えることが多いため魅力あるIPOだと思います。
 

多くの銘柄で上場3日目に突入するレベルの公開規模だと思います。しかもゲーム系の銘柄は初値で買われますからね。PCとスマートフォンの両方で対応しているそうです。
 

アピリッツ(4174)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数190,000株
売出株数50,000株
公開株式数240,000株
OA売出36,000株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
SBI証券
極東証券
大和証券
いちよし証券
東洋証券
エース証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
株数が少ないため激戦間違いなしでしょう。主幹事みずほ証券からの当選を狙いながら、他の証券会社を攻める方法が良さそうです。店頭系企業が幹事入りしているためネット派は厳しそうですね。
 

みずほ証券はWACUL(4173)の主幹事も引き受けているため期待しています。また、みずほ主幹事なのでPayPay証券からのIPO抽選参加もできるかもしれません。口座数が少ないため当選期待はあると思います。
 


 
それとIPO取扱いが少ないと思ってDMM.com証券の口座を放置していませんか?株式新聞の無料購読ができるため口座開設を行っている方は利用しておきましょう。
 

IPOの初値予想を見ることもできます。本来は月額4,400円の有料情報なので無料で見れることが凄いんですけどね。DMM.com証券さんには感謝しています。
 


 
アピリッツの会社設立は2000年7月18日、本社住所は東京都渋谷区神宮前六丁目27番8号、社長は和田順児氏(46歳)です。※2021年1月21日時点
 

従業員数は412人(臨時雇用者57人)、平均年齢31.5歳、平均勤続年数3.8年、平均年間給与約428万円です。
 

アピリッツ(4174)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社エイ・ティー・ジー・シー548,400株42.67%
クリプトメリア株式会社126,800株9.87%
魚谷 幸一110,700株8.61%
和田 順児93,900株7.31%
藤田 晋38,600株3.00%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人であるクリプトメリア株式会社、売出人である株式会社エイ・ティー・ジー・シー、当社株主である魚谷幸一、和田順児、笠谷真也、三浦印刷株式会社、三原順、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ、八木広道、冨田英揮、西脇学、喜藤憲一、土志田龍一、株式会社BONNET、~中略~ は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目(2021年8月23日)までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨を合意しております。

また、当社株主である株式会社HBD、日比谷尚武及びみずほキャピタル株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目(2021年5月25日)までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等を除く)を行わない旨を合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)213,600株89.00%
SBI証券7,200株3.00%
極東証券7,200株3.00%
大和証券4,800株2.00%
いちよし証券2,400株1.00%
東洋証券2,400株1.00%
エース証券2,400株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,500円~5,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 4,000円~6,000円
※仮条件発表後
 

アピリッツ初値予想と市場コンセサンス

初値予想5,000円~8,000円

修正値6,000円~8,000円

仮条件範囲は想定発行価格を上限として決定しました。上振れもあると考えていましたが業績面の判断なのかもしれません。確かに自社タイトルゲームにヒット作がないため難しい面もあると思います。

売上比率からゲーム事業が主力だと思っていたところ、実はWebソリューション事業が主力だということです。となるとゲーム事業よりも安定した収益になりそうです。ゲーム事業は浮き沈みが激しいですからね。

吸収額は3.3億円で時価総額14.9億円のため初値が低ければセカンダリー投資が盛り上がるかもしれません。某社予想のように高くなると逆噴射でS安なども考えられるでしょう。公募組は嬉しいと思いますけどね。

2021年1月の業績予想は売上38.27億円で経常利益1.89億円となっています。前期比較だと売上6.9%増、経常利益32.2%増になります。四半期利益は1.05億円予想なので前期比59.1%増と好調のようです。上場時の業績は良さそうです!

PERは11.95倍でPBRは0.77倍になります。EPS98.74でBPSが1,536.15になります。初値3倍は軽いと思いますが即金規制で5倍まで届くのか?と少し疑問です。個人投資家主体の売買になりそうですね。
 

アピリッツ(4174)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
権利確定日~2028年1月31日55,500株
発行価格1,200円
権利確定日~2028年1月31日22,000株
発行価格1,200円
権利確定日~2029年1月31日52,600株
発行価格1,200円
権利確定日~2029年1月31日13,500株
発行価格1,200円
権利確定日~2030年1月31日62,100株
発行価格1,300円
権利確定日~2030年1月31日8,500株
発行価格1,300円

 
ロックアップは90日間(2021年5月25日)と180日間(2021年8月23日)があり、90日間分にはロックアアップ1.5倍の解除条件が設定されいています。
 

上場企業持分は三浦印刷(3880)が30,000株、テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)が20,000株です。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。77,500株が行使期限に入るみたいですが、第三者割り当てについては継続所有等の確約を行っているそうです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,261,100株から算出すると想定価格ベースで約14.9億円になります。
 

上場規模も小さいと思いましたが時価総額もかなり低くなっています。初値4倍~5倍くらいになる可能性もあるかもしれませんね。仮条件引上げ幅が大きければ3倍~4倍?とにかく儲かるIPOだと思います。
 

SBIグループに入りSBIネオトレード証券がIPOの取扱いを増加させるそうです!資金不要でIPO抽選に参加できるため利用価値があると思います。
 

SBI証券主幹事の時は期待ができそうですね。それにIPO目的の口座開設者は少ないと思います。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ