【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

バンカーズAmazonギフト券キャンペーン

※キャンペーンの詳細はこちらでまとめています


アシロ(7378)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

アシロ(7378)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約54.1億円で公開株数4,203,200株、オーバーアロットメント630,400株です。想定発行価格は1,120円になっています。
 

アシロ(7378)上場とIPO初値予想
 

業 種サービス業
上場市場マザーズ
上場日7月20日
BB期間7月02日~7月08日
企業ホームページhttps://asiro.co.jp/
事業の内容弁護士業界とITを結びつけたリーガルメディアサイトの運営等

 

【手取金の使途】

手取概算額843百万円については、運転資金として広告媒体費に係る資金、採用費に係る資金及び採用後の従業員人件費に係る資金に充当する予定。広告媒体費とは営サイトへのユーザー流入数の増加を目的として広告の活用を行っており、当該広告出稿費用に充当いたします。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

アシロ(7378)IPOの業績と事業内容

業績は悪くないようですけど売上14.8億円で利益が2億円くらいなんですよね。でも上場による吸収額が想定で54.1億円なのでなんか微妙です。
 

同社グループは社会的基盤である法律・弁護士業界とインターネットを結びつけた事業を営んでいます。
 

具体的にはデジタル技術やウェブマーケティングノウハウを活用して、インターネット上で法律情報や弁護士情報等を提供する「リーガルメディア関連事業」を主要事業としています。
 

当該事業を拡大する中で蓄積した弁護士業界のネットワークや知見、インターネット上での求職者の集客ノウハウを活かし、主に弁護士有資格者の人材紹介サービスを提供する「リーガルHR事業」を2020年より開始しています。
 

アシロ(7378)IPOの業績 
※単体業績になります
 

リーガルメディア関連事業は、弁護士を主な顧客とする「リーガルメディア」と、弁護士以外の広告主を顧客とする「派生メディア」に分類されます。
 

収益の大部分は「リーガルメディア」が占めています。リーガルメディアの収益は主に月額定額の掲載料収入(サイト内の有料広告の掲載枠数に、月額定額の掲載枠単価を乗じた金額)です。
 

掲載枠数の増加に比例して収益が伸長するストック型の収益構造であることから、安定的な成長を目指すことが出来るビジネスモデルとなっています。
 

アシロ(7378)IPOの事業詳細
 

派生メディアは、「キャリズム」という転職エージェントを顧客としたメディアサイトと、「浮気調査ナビ」「人探しの窓口」という探偵事務所を顧客としたメディアサイトにより主に構成されています。
 

派生メディアは弁護士に相談・依頼するユーザーが有する派生ニーズに対応したメディアサイトとなっています。
 

アシロ(7378)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,120円
仮条件1,120円~1,160円
公開価格7月09日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約47.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約54.1億円になります。
 

上場規模が大きいため少し不安なIPOです。大手メディア媒体なので公開価格割れはなさそうな気がします。大手の初値予想を見ながら検討したいと思います。
 

アシロ(7378)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数829,000株
売出株数3,374,200株
公開株式数4,203,200株
OA売出630,400株
引受幹事野村證券(主幹事)
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
また野村證券主幹事ですね。みずほ証券と同じで引受幹事が多くなってきました。そして今回は対面型の証券会社引受けが少ないみたいです。
 

ネット派には嬉しい引受幹事だと思います。ただネット組はすぐに売却するため初値が伸び悩みそうです。しかも売出し株が中心ですよね。
 

マネックス証券からの当選はかなり期待できそうです。母数が多いと当選確率が上がる傾向にあります。申込者も普段より少ないでしょう。
 

微妙なIPOには投資を行わない方もいます。私は当選を狙いたいと思います。多分、証券口座開設を行っているところ全てから申込みを行います!
 


 
アシロの会社設立は2016年4月18日、本社住所は東京都新宿区西新宿七丁目7番6号、社長は中山博登氏(38歳)です。※2021年6月19日時点
 

従業員数は39人(臨時雇用者4人)、平均年齢29.9歳、平均勤続年数2.4年、平均年間給与約517万円です。
 

アシロ(7378)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
J-STAR二号投資事業有限責任組合2,755,500株39.25%
中山 博登1,836,000株26.15%
MIDWEST MINATO, L.P.1,029,600株14.67%
Pacific Minato Ⅱ, L.P.954,900株13.60%
川村 悟士165,000株2.35%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人であるJ-STAR二号投資事業有限責任組合、MIDWEST MINATO, L.P.及びPacific Minato Ⅱ, L.P.は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年10月17日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く)を行わない旨合意しております。

この他、新株予約権者に90日間と180日間のロックアアップが設定されています。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)3,867,200株92.01%
SBI証券84,000株2.00%
楽天証券42,000株1.00%
マネックス証券42,000株1.00%
松井証券42,000株1.00%
岡三証券42,000株1.00%
いちよし証券42,000株1.00%
岩井コスモ証券42,000株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,300円~1,800円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,050円~1,260円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

アシロの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,000円~1,500円
修正値1,067円~1,200円
 

初値予想が怪しくなっています。ファンド売出し株数が多く投資家から懸念される可能性が高いようです。弁護士ドットコム(6027)が比較企業になるようですが、同社は「クラウドサイン」を行っていないため比較対象としては難しいようです。
 

そうなるとただのウェブサイト運営になりますよね。しかも過去に色々と問題となったクライアントが取引先大手となっているため評価が難しいようです。
 

ただでさえファンド案件は厳しいため初値利益が見込めないようです。
 

2021年10月期の業績予想は売上収益14.82億円で税引き前利益が3.36億円になります。前期比較だと売上収益0.27%増で税引き前利益4.02%増になります。業績頭打ち状態のようですね。
 

四半期利益は2.22億円となり前期比7.25%増を見込みます。売上が伸びないのは痛いですね。ウェブサイト運営自体はIPOでも好まれますが、全体的にイメージがよくないようです。
 

PERはPES35.54から32.64倍になります。弁護士ドットコムは予想PERが705.93倍となっているため比にならない状況となっています。※2021年7月01日調べ
 

吸収金額は最大で56.1億円にもなるため初値で利益を得るには厳しいようです!
 

アシロ(7378)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2018年3月31日~2027年3月30日600,000株
発行価格129円
2018年3月31日~2027年3月30日255,000株
発行価格140円
2018年3月31日~2027年3月30日165,000株
発行価格123円

 
ロックアップは90日間(2021年10月17日)とロックアップ解除倍率は1.5倍です。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。1,020,000株の全てが行使入りしているため驚きです。ただし上場時点では売却ができないようです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の6,829,000株から算出すると想定価格ベースで約76.5億円になります。
 

儲かるのがどうか微妙な感じのIPOです。VC売出し案件で上場規模が大きいためどうなんでしょうね。
 

事業がメディア系なので期待しています!
 

前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業が増えました!

※松井証券のIPO抽選ルール詳細と当選するための秘訣

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ