【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

バンカーズAmazonギフト券キャンペーン

※キャンペーンの詳細はこちらでまとめています


コラントッテ(7792)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

コラントッテ(7792)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約24.7億円で公開株数2,150,000株、オーバーアロットメント322,500株です。想定発行価格は1,000円になっています。
 

コラントッテ(7792)上場とIPO初値予想
 

業 種その他製品
上場市場マザーズ
上場日7月08日
BB期間6月22日~6月28日
企業ホームページhttps://colantotte.co.jp/
事業の内容医療機器及びヘルスケア商品の製造、販売等

 

【手取金の使途】

手取概算額544,000千円については、「1新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限296,700千円と合わせて、運転資金として、①プロモーション費用、②EC取引拡大のためのマーケティング費用、③採用活動費及び人件費に全額を充当する予定であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

コラントッテ(7792)IPOの業績と事業内容

業績が右肩上がりで上場タイミングは良さそうです。コロナ禍により巣ごもり需要が多いと思います。今期も増収増益予想が既に出ています!
 

家庭用永久磁石磁気治療器の製品開発や販売を行っている企業になります。製造については、製造委託先に外部委託しているそうです。事業はコラントッテ事業とCSS事業の2つの事業に分類されています。
 

同社は「本気の笑顔の実現」という経営理念のもと、事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献することで、社会的価値と企業価値を高める取り組みを行っています。
 

具体的には生活者の満足感・幸福感・安心感や生活の快適性・豊かさ等を表すQOL向上を事業領域として事業を展開しているそうです。
 

コラントッテ(7792)IPOの業績
 

健康に関する領域での事業展開として、主にコラントッテ事業を営んでいます。
 

Colantotteは家庭用磁気治療器を展開するブランドで、同製品は装着部位の血行を改善し、こりを緩和する効能・効果を提供する健康用品です。
 

家庭用磁気治療器とは、厚生労働省が指定した第三者認証機関から認証を受けた管理医療機器です。
 

さらに韓国での医療機器認証、EUでの医療機器のCEマーキング及び日本での医療機器の品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO13485を取得しています。
 

コラントッテ(7792)が販売している商品
 

Colantotte製品の機能面での最大の特徴及び差別化ポイントは、一般的な磁気治療器は同極配列のため、同極同士で反発し合うことや深く磁力が影響しないことがあり、点での効果となっています。
 

同社の場合は、独自技術である永久磁石の「N極S極交互配列」により磁場の死角をなくし、磁力を広範囲に影響させることで、点ではなく面で高い効果が期待できることだそうです。
 

スポーツ選手が付けているのをみて購入した方も多いと思います。評判もいいみたいですからね。
 

コラントッテ(7792)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,000円
仮条件1,000円~1,100円
公開価格6月29日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約21.5億円です。オーバーアロットメントを含めると約24.7億円になります。
 

知名度があるため吸収できると思います。比較対象が上場企業ではなく、非上場ではピップの名前が出ています。
 

個人的に思い当たるのはMTG(7806)ですね。MTGは問題を抱えていたため何となくコラントッテも心配になります。
 

コラントッテ(7792)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数600,000株
売出株数1,550,000株
公開株式数2,150,000株
OA売出322,500株
引受幹事野村證券(主幹事)
SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
楽天証券
岩井コスモ証券
丸三証券
松井証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
野村證券主幹事になりLINE証券でもIPO取扱いが発表されています。初物なので参加しておきたいと思います!
 

LINE証券はキャンペーンを行っているため参加しやすいと思います。私もタダで株式を頂いています。クイズは簡単でしたけどわからないときは検索かければ良いだけですからね。
 

あとは松井証券でも野村證券と同じように資金不要でIPO抽選に参加できます。資金不要で抽選参加できる企業も増えてきましたよね!!
 


 
コラントッテの会社設立は1997年10月13日、本社住所は大阪市中央区南船場二丁目10番26号、社長は小松克已氏(64歳)です。※2021年6月17日時点
 

従業員数は88人(臨時雇用者28人)、平均年齢42.8歳、平均勤続年数5.4年、平均年間給与約520万円です。
 

コラントッテ(7792)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
小松 克已3,200,000株38.89%
株式会社アーク・クエスト3,200,000株38.89%
小松 由美子800,000株9.72%
和田 百子800,000株9.72%
森田 仁40,000株0.49%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である小松克已、売出人である小松由美子並びに当社株主である株式会社アーク・クエスト及び和田百子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日後90日目の2021年10月5日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)は行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)1,720,000株80.00%
SBI証券107,500株5.00%
みずほ証券107,500株5.00%
SMBC日興証券64,500株3.00%
楽天証券64,500株3.00%
岩井コスモ証券43,000株2.00%
丸三証券21,500株1.00%
松井証券21,500株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,200円~2,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,450円~2,000円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

コラントッテの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~2,000円
修正値1,500円~1,700円
 

仮条件が引上げられ吸収金額が2.5億円の上乗せとなり、最大27.2億円の吸収になります。そして時価総額は94.6億円です。
 

知名度ある企業のため初値利益が見込めると思います。MTG(7806)が上場した時のように初値が大きく上昇することはないと思いますが期待しています。公開株数も多いため当選が狙えると考えています。
 

2021年9月期の業績予想は売上35.23億円で経常利益6.02億円を予想しています。前期比だと売上22.07%増、経常利益22.86%増になります。
 

四半期利益は4.08億円で前期比25.96%増になるようです。PERはEPS50.12なので21.95倍になります。MTG比較だとあまり変わりません。また配当が12円出るそうなので配当利回りは1.09%になります。
 

類似企業のPERが高いとは言えないため将来は業績期待でしょう。国内よりも海外が伸びると良いんですけどね。
 

コラントッテ(7792)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2020年10月01日~2028年8月31日228,000株
発行価格55円

 
ロックアップは90日間(2021年10月05日)でロックアップ解除倍率は設定がありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。228,000株の全株式が行使期限に入ります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の8,600,000株から算出すると想定価格ベースで約86.0億円になります。
 

知名度があるためある程度人気だと思います。株数が多いため当選を狙って申し込んでみたいと思います!
 

DMM.com証券でもIPO取扱いが開始されています。また株式新聞を無料購読できるため1年間で52,800円(税込)分の情報をタダ読みできます。
 

詳しくは下記記事にまとめているので気になる方は利用してみてください!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ