【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイト限定タイアップ特典でアマギフ4000円分をプレゼントしてます!

DMM FXタイアップ


ビーウィズ(9216)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

ビーウィズ(9216)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場は東証1部で主幹事はみずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約117.0億円で公開株数5,300,000株、オーバーアロットメント795,000株です。想定発行価格は1,920円になっています。
 

東証1部への上場を考えると吸収金額は低いと思います。またパソナグループ(2168)の子会社にあたります。
 

ビーウィズ(9216)上場とIPO初値予想
 

業 種サービス業
上場市場東証1部
上場日3月02日
BB期間2月14日~2月18日
企業ホームページhttps://www.bewith.net/
事業の内容自社開発のクラウド型 PBX「Omnia LINK」等のデジタル技術を活用したコンタクトセンター・BPO サービスの提供、および各種AI・DXソリューションの開発・販売

 

ビーウィズ(9216)IPOの業績と事業内容

同社グループは、自社開発のクラウドPBX(Private Branch eXchange:構内交換機)Omnia LINK(オムニアリンク)等のデジタル技術を活用したコンタクトセンター・BPOサービスの提供を行います。
 

またAI・DXソリューションの開発・販売を行います。
 

BPOとは、Business Process Outsourcingの略で、企業活動における業務プロセスの一部について、業務の企画・設計から実施までを一括して専門業者に外部委託することを指します。
 

同社グループはビーウィズと子会社1社で構成され、コンタクトセンター・BPO事業の単一事業としています。
 

コンタクトセンター・BPO事業において、顧客へのサービス提供の際、顧客ごとのニーズを捉え、オーダーメイドで見積もりを提示し、必要なリソースやシステム、環境を用意して顧客に役務の提供を行なっています。
 

ビーウィズ(9216)IPOの業績
 

ビーウィズ(9216)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,920円
仮条件1,400円~1,700円
公開価格2月21日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約101.8億円です。オーバーアロットメントを含めると約117.0億円になります。
 

親会社の流れを組む事業なので安心感はあります。上場後も親子関係が続くため初値後の株価も安泰でしょうか。
 

しばらくはTOPIXなどの指数買いなども期待できます。
 

ビーウィズ(9216)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数900,000株
売出株数4,400,000株
公開株式数5,300,000株
OA売出795,000株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
大和証券
野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
微妙な感じのIPOですよね。業績は良いので前向きに考えたいと思います。今も地合いだと利益が出ても1割程度でしょう。リターンとリスクのバランスが問題ですね。
 


 
ビーウィズの会社設立は2000年5月12日、本社住所は東京都新宿区西新宿三丁目7番1号、社長は森本宏一氏(56歳)です。※2022年1月24日時点
 

従業員数は621人(臨時雇用者4,886人)、平均年齢38.7歳、平均勤続年数5.2年、平均年間給与約496万円です。
 

ビーウィズ(9216)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社パソナグループ12,800,000株92.15%
森本 宏一200,000株1.44%
飯島 健二160,000株1.15%
田部井 健一25,400株0.18%
野田 いづみ25,400株0.18%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

売出人かつ貸株人である株式会社パソナグループは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後360日目の2023年2月24日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨合意しています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)4,505,000株85.00%
大和証券265,000株5.00%
野村證券212,000株4.00%
SMBC日興証券212,000株4.00%
SBI証券53,000株1.00%
楽天証券53,000株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,900円~2,100円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,550円~1,720円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ビーウィズの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~2,000円
修正値1,700円前後
 

ビーウィズは仮条件を下げてきましたが公開価格割れ濃厚だと思います。最近の東証1部上場銘柄はパフォーマンスが悪る過ぎます。昨年度に比べ株価設定は妥当値に近づいているものの弱気な市場では買われないでしょう。
 

時価総額は仮条件の上限で232.9億円になります。吸収金額は103.6億円になります!
 

ビーウィズ(9216)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2023年4月23日~2031年4月22日850,000株
発行価格1,045円
権利確定後から2031年5月10日240,000株
発行価格1,065円

 
ロックアップは360日間でロックアップ解除倍率設定なしになります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。上場時に行使期限入りするストックオプションはありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の13,700,000株から算出すると想定価格ベースで約263.0億円になります。
 

パソナグループ(2168)の売出色が強く事業も似たようなことを行っています。コンタクトセンターサービスを主力としているためIPOではあまり人気が見込めないかもしれません。
 

AI・DXソリューションの開発・販売も行いますが売上率は低いみたいです。
 

tileltuku ビーウィズ(9216)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

IPO取扱いネット証券

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ