【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】コロンビア・ワークス(146A)IPOの上場と初値予想

コロンビア・ワークス(146A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はスタンダード市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約32.7億円で公開株数913,500株、オーバーアロットメント137,000株です。想定発行価格は3,110円になっています。
 

コロンビア・ワークス(146A)IPOの上場と初値予想
 

業 種不動産業
上場市場スタンダード市場
上場日3月27日
BB期間3月08日~3月14日
企業ホームページhttps://columbiaworks.jp/
事業内容不動産開発事業を単一セグメントとする不動産開発、不動産賃貸管理、ホテル運営

 

コロンビア・ワークス(146A)IPOの業績と事業内容

同社グループは、同社と連結子会社3社から構成されており、不動産開発サービスを主な事業の内容としそれに付随する後述の不動産賃貸管理サービス、ホテル運営サービス、アセットマネジメントサービスの事業活動を行っています。
 

案件担当者が仕入から開発、販売まで一貫して担当することによりスピード感を持った判断、機動力のある迅速な業務執行が可能であると共に、
 

不動産開発サービスに関するノウハウ及び開発後の運営に関するノウハウを持ち合わせていることから、企画から運営まで一気通貫の不動産開発サービスの提供が行えます。
 

コロンビア・ワークス(146A)IPOの業績
 

コロンビア・ワークス(146A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格3,110円
仮条件3,110円~3,300円
公開価格3月15日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約28.4億円です。オーバーアロットメントを含めると約32.7億円になります。
 

値がさ株なので少し気を付けたい銘柄だと思います。上場規模も少し大きめですね。
 

コロンビア・ワークス(146A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数833,400株
売出株数80,100株
公開株式数913,500株
OA売出137,000株
引受幹事野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
あかつき証券
委託見込auカブコム証券
SBIネオトレード証券

 
野村證券なので申込んでも簡単に当選できないと思います。とりあえず申込んでおく方法で考えています!
 


 
会社設立は2013年5月14日、本社住所は東京都渋谷区渋谷三丁目28番15号、代表取締役は中内準氏(48歳)です。※2024年2月25日時点
 

従業員数は32人、平均年齢34.52歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与約714万円です。
 

コロンビア・ワークス(146A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
Nstyle株式会社1,300,000株52.00%
中内 準1,035,000株41.40%
水山 直也165,000株6.60%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2024年6月24日)で解除倍率設定はありません。株主も上場前で3人しかいません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)876,900株95.99%
SMBC日興証券11,400株1.25%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券9,100株1.00%
岩井コスモ証券4,600株0.50%
SBI証券4,600株0.50%
楽天証券4,600株0.50%
あかつき証券2,300株0.25%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,200円~3,600円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,500円~3,800円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

コロンビア・ワークスの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,500円~4,000円
修正値3,500円前後
 

業績好調の収益不動産デベロッパーだが初値は伸びないらしい。上場規模が大きいため機関投資家次第か。
 

地合いが悪ければ公開価格割れの可能性もあるため他の銘柄よりは人気が低そう。ただ野村證券が主幹事なので当選も厳しそう。
 

仮条件上振れでVC出資なしは好材料だがIPOではあまり人気が見込めない業種なんですよね。
 

同日上場も3社で翌日にも2社が上場する予定です。IPOに当選してから色々考えていいと思います。無理したくない人はパスでいいかもですね。
 

コロンビア・ワークス(146A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
なし-株
発行価格-円

 
ロックアップは90日間で解除倍率設定なし、ストックオプションもありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の3,333,400株から算出すると想定価格ベースで約103.7億円になります。
 

不動産業なのに配当は予定されていません。この辺りはデメリットです。
 

業績規模はボチボチ大きい感じです。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ