【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】大栄環境(9336)IPOの上場と初値予想!プライムで468.8億円吸収

大栄環境(9336)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はプライム市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約468.8億円で公開株数32,100,000株、オーバーアロットメント4,815,000株です。想定発行価格は1,270円になっています。
 

大栄環境(9336)IPOの上場と初値予想
 

業 種サービス業
上場市場プライム市場
上場日12月14日
BB期間11月29日~12月02日
企業ホームページhttps://www.dinsgr.co.jp/
事業の内容一般・産業廃棄物の収集運搬、中間処理・再資源化及び最終処分を中心とする環境関連事業及び有価資源リサイクル事業

 

大栄環境(9336)IPOの業績と事業内容

同社グループは、持続可能な循環型社会を目指し「廃棄物処理・資源循環」を中心とする「環境関連事業」を主な事業としています。
 

環境関連事業は「廃棄物処理・資源循環」のほか、「土壌浄化」、「エネルギー創造」、「森林保全」、「施設建設・運営管理」、「コンサルティング」、「その他」の7つの事業に区分しています。
 

また、「その他」として「アルミペレット」、「リサイクルプラスチックパレット」で構成される「有価資源リサイクル事業」を行っています。
 

大栄環境(9336)IPOの業績推移
 

大栄環境(9336)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,270円
仮条件1,270円~1,350円
公開価格12月05日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約407.7億円です。オーバーアロットメントを含めると約468.8億円になります。
 

海外販売も行われる正式なグローバルオファリングとなっています。
 

日本市場だけだと約281.3億円の吸収なのでプライム市場への直接上場を考えると規模が小さいようです。
 

大栄環境(9336)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数3,500,000株
国内募集1,750,000株
海外募集1,750,000株
売出株数28,600,000株
国内売出13,738,200株
海外売出14,861,800株
公開株式数32,100,000株
OA売出4,815,000株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
SBI証券
野村證券
岡三証券
岩井コスモ証券
松井証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
プライム市場への上場なので公開価格は超えてきそうな感じですね。SMBC日興証券が単独で主幹事を引受けるみたいです。
 

海外は「SMBC Nikko Capital Markets Limited」がブラックランナーになっています。日本国内はSMBC日興証券からIPOに参加していれば当選確率は高いはずです。
 

市場再編となり2社目のプライム市場IPOですよね。プラス5%程度くらい期待できそうな気がしています。IPOについては別記事でまとめました。
 


 
大栄環境の会社設立は1979年10月17日、本社住所は兵庫県神戸市東灘区向洋町中二丁目9番地1神戸ファッションプラザ、社長は金子文雄氏(66歳)です。※2022年11月10日時点
 

従業員数は1,059人(臨時雇用者45人)、平均年齢39.9歳、平均勤続年数7.1年、平均年間給与約532万円です。連結従業員数は2,101人になります。
 

大栄環境(9336)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
ウイングトワ株式会社89,999,500株98.28%
大栄環境従業員持株会1,190,700株1.30%
金子 文雄47,300株0.05%
井上 吉一46,800株0.05%
大田 成幸46,800株0.05%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年6月11日)で解除倍率は設定がありません。売出株主体のIPOなのであまり人気がなさそうです。業績規模は大きいけれど産廃業者って個人投資家にはあまり人気がなさそうですよね。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)12,390,600株80.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券929,300株6.00%
大和証券851,800株5.50%
SBI証券387,200株2.50%
野村證券309,800株2.00%
岡三証券309,800株2.00%
岩井コスモ証券154,900株1.00%
松井証券77,400株0.50%
楽天証券77,400株0.50%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,250円~1,350円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,380円~1,500円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

大栄環境の初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,250円~1,350円
修正値1,400円~1,500円
 

スカイマークよりも安心できるIPOのため程々に申込み予定です。配当利回りが低いか環境を意識した資金が向かいそうです。
 

海外配分がスカイマークと同じで多くなったのは好印象です。短期で利益が狙えないかもしれないが何とかなると考えています。
 

500株以内で楽しめれば良いかな?と考えています。
 

大栄環境(9336)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
発行なし-株
発行価格-円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定なし、ストックオプションは発行されていません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の95,077,900株から算出すると想定価格ベースで約1,207.5億円になります。
 

人気見込みは低そうですが利益が狙えるようであれば参加します。property technologies(5527)もそうですが微妙なIPOが増えてきましたね。
 

この調子だと2022年の12月IPOラッシュは期待できない銘柄が多そうです。大型のIPOがポツポツ承認されるそうです。大栄環境も入っているのかもですね。
 

tileltuku ティムス(4891)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ