【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

当サイトには広告・プロモーションが含まれています


【評価】GSI(ジーエスアイ)IPOの上場と初値予想!岡三証券が主幹事

GSI(ジーエスアイ)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場は札証の本則市場になり主幹事は岡三証券が引受けます。
 

上場規模は約4.5億円で公開株数300,000株、オーバーアロットメント45,000株です。想定発行価格は1,300円になっています。
 

GSI(ジーエスアイ)IPOの上場と初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場札幌証券取引所 本則市場
上場日6月27日
BB期間6月09日~6月15日
企業ホームページhttps://glue-si.com/
事業の内容ソフトウエア・システム開発の常駐支援、運用保守及び受託開発

 

GSI(ジーエスアイ)IPOの業績と事業内容

同社は「ユニークであれ。革新的であれ。」をスローガンに掲げ、企業のデジタル技術を活用するためのITサービスの開発力不足に悩む企業にシステム開発を提供することに特化したシステム開発事業を展開しています。
 

近年様々な産業においてIT化・デジタル化が進む中、日本においては深刻な社会問題として慢性的にIT人材が不足しており、ITの開発力不足に悩む企業に対し、ITエンジニアの派遣契約・準委任契約・請負契約に基づくシステム開発・運用保守を行います。
 

また、請負契約に基づくシステムの受託開発を行う等の形態でサービスを提供しています。
 

特定の業種に依存せず、産業領域に特化しないことで製造業、サービス業等様々な業種の顧客企業にサービスを展開しています。
 

GSIの業績
 

GSI(ジーエスアイ)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,300円
仮条件1,300円~1,350円
公開価格6月16日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約3.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約4.5億円になります。
 

地方上場でもIT系で利益が出ている企業なので買われそうですね。
 

GSI(ジーエスアイ)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数300,000株
売出株数0株
公開株式数300,000株
OA売出45,000株
引受幹事岡三証券(主幹事)
SBI証券
北洋証券
アイザワ証券
あかつき証券
Jトラストグローバル証券
東洋証券
委託見込岡三オンライン

 
岡三オンラインでも取扱いが期待できそうなので申し込みだけしておくと良いかもしれません。
 

あと主幹事の岡三証券からの申込みはもちろん行いましょう。当選したらお小遣いが出るかも?
 


 
ジーエスアイの会社設立は2004年10月05日、本社住所は北海道札幌市北区北7条西1丁目1番地2SE札幌ビル13F、社長は小沢隆徳氏(43歳)です。※2023年5月25日時点
 

従業員数は488人(臨時雇用者6人)、平均年齢31.2歳、平均勤続年数4.2年、平均年間給与約426万円です。
 

GSI(ジーエスアイ)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社Kam International1,560,000株91.76%
小沢 隆徳43,600株2.56%
泉 直樹39,600株2.33%
桑畑 幸一30,400株1.79%
佐藤 公則4,000株0.24%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年12月23日)でロックアップ解除倍率設定はありません。VC出資もありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
岡三証券(主幹事)270,000株90.00%
SBI証券12,000株4.00%
北洋証券6,000株2.00%
アイザワ証券3,000株1.00%
あかつき証券3,000株1.00%
Jトラストグローバル証券3,000株1.00%
東洋証券3,000株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,500円~1,850円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,400円~1,550円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ジーエスアイの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,100円~1,400円
修正値1,350円~1,450円
 

どうやら人気がないらしい。上場規模は約4.7億円でPER9.8倍。配当金が37円出るため配当利回りが2.74%になります。
 

業績規模は地方上場にしては大きい、ただIT系でも業績の伸びが悪いと評価されているようです。
 

大手ではロックアップがしっかり掛かっていないため手間を掛けたくない?と考えているようですね。本当のところはわかりませんが良くて公開価格超え程度にしかならないようです。
 

予想なので外れることもあると思う。BBに参加するのか非常に悩ましい案件。主幹事のネット口座から申込めば当選濃厚か?
 

GSI(ジーエスアイ)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
なし—株
発行価格—円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定なしです。ストックオプションもありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,000,000株から算出すると想定価格ベースで約26.0億円になります。
 

IPO向きの企業だと思いますけど地方上場なので割高であれば買われないでしょう。
 

主幹事が中堅なので地合いを考慮した申込が良いかもしれません。多くの方が参加すると思いますけどね。
 

日興フロッギーで端株を買えるって知っていますか?しかもdポイントで株が買えます。
 

記事を読めばポイントが付与されることもあります!使い勝手が良いのでネオモバの代わりに検討しても良いかもしれません。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ