【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】光フードサービス(138A)IPOの上場と初値予想!

光フードサービス(138A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は東海東京証券が引受けます。
 

上場規模は約7.4億円で公開株数320,000株、オーバーアロットメント48,000株です。想定発行価格は2,000円になっています。
 

光フードサービス(138A)IPOの上場と初値予想
 

業 種小売業
上場市場グロース市場
上場日2月28日
BB期間2月09日~2月16日
企業ホームページhttps://hikari-food-service.jp/
事業内容立呑み居酒屋を中心とした飲食店の展開

 

光フードサービス(138A)IPOの業績と事業内容

名古屋を本拠地とし立呑み店をメインに運営している企業です。
 

事業区分は「飲食事業」の単一セグメントで、2023年11月末現在、直営店が31店舗・業務委託店が8店舗、フランチャイズ店(FC店)が15店舗あります。
 

焼きとん大黒を主力とした店舗を展開し愛知県名古屋市を本拠地としています。東京にも複数店舗の出店があります。
 

光フードサービス(138A)IPOの業績
 

光フードサービス(138A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,000円
仮条件2,400円~2,660円
公開価格2月19日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約6.4億円です。オーバーアロットメントを含めると約7.4億円になります。
 

この規模なら吸収できそうですね。飲食業のIPOは最近人気があります。
 

光フードサービス(138A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数320,000株
売出株数0株
公開株式数320,000株
OA売出48,000株
引受幹事東海東京証券(主幹事)
SMBC日興証券
岡三証券
極東証券
楽天証券
水戸証券
委託見込岡三オンライン
DMM.com証券

 
地場企業に手厚い東海東京証券が主幹事を引受けます。最近のパフォーマンスは良くないと思いますけど上場規模から考えて割れるとは思いません。
 

しかし積極的にIPO当選を目指してたくさん配分されても少し心配です。IPOの地合いが良くなることに期待します。
 


 
光フードサービスの会社設立は2009年12月01日、本社住所は名古屋市中村区則武一丁目10番6号、社長は大谷光徳氏(43歳)です。※2024年1月26日時点
 

従業員数は150人(臨時雇用者52人)、平均年齢28.6歳、平均勤続年数2.8年、平均年間給与約392万円です。
 

光フードサービス(138A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社エム・カンパニー420,000株62.50%
大谷 光徳180,000株26.79%
中島 翔太60,000株8.93%
石田 央12,000株1.79%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2024年8月25日)でロックアップ解除倍率の設定はありません。また全株主がロックアップの対象です。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
東海東京証券(主幹事)288,000株90.00%
SMBC日興証券9,600株3.00%
岡三証券9,600株3.00%
極東証券6,400株2.00%
楽天証券3,200株1.00%
水戸証券3,200株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,000円~1,500円
※ファーストインプレッション

第二弾⇒ 4,500円~5,500円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

光フードサービスの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,000円~4,000円
修正値5,000円~6,500円
 

IPOの地合いが好転したせいもあるがかなり人気となることが見込まれている。
 

本当に大手予想のように爆上げとなるのかは不明だが個人投資家主体で買われる期待は十分ありそう。ただ当選しにくいためプラチナ化しそうです。
 

落選するのが当たり前でIPOの抽選に申込んでおきたい。無理だろ?と思いつつ申込めるとこから頑張りたい。
 

類似企業のPERは20倍~30倍あたりになるが同社はEPS222.23なのでPERは11.97倍になる。PERだけなら初値2倍は見込めそう。仮条件上限の2,660円で計算。
 

今期業績は税金負担が通常に戻り、コロナ禍による補助金もないため純利益が低いようです。来期は出店を加速させているため期待できそう。当たれば良いですね~
 

光フードサービス(138A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
なし-株
発行価格-円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定なし、ストックオプションの発行も予定されていません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の992,000株から算出すると想定価格ベースで約19.8億円になります。
 

中堅主幹事なので少し心配しつつブックビルディングに参加したいと思います。仮条件から20%上乗せで公開価格が決定した場合は魅力があまりないかもしれません。
 

公開株数が少ないので当選確率はあまり高くないと思います。今期2億円越えの純利益予想が出ていますね!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ