【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】ケイファーマ(4896)IPOの上場と初値予想!

ケイファーマ(4896)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSBI証券が引受けます。
 

上場規模は約20.1億円で公開株数1,680,000株、オーバーアロットメント252,000株です。想定発行価格は1,040円になっています。
 

ケイファーマ(4896)IPOの上場と初値予想
 

業 種医薬品
上場市場グロース市場
上場日10月17日
BB期間9月29日~10月05日
企業ホームページhttps://www.kpharma.co.jp/
事業の内容再生医療等製品の研究・開発・製造・販売

 

ケイファーマ(4896)IPOの業績と事業内容

同社は中枢神経疾患領域に対して、iPS細胞を活用したiPS創薬と脊髄損傷等の神経損傷部位に移植する再生医療等製品の開発を主たる事業としています。
 

事業領域である中枢神経疾患領域においては、アカデミアにおいて蓄積してきた知見を軸に、慶應義塾大学等のネットワークを活用して、自社研究所において各種ノウハウや技術を活用して研究開発を推進しています。
 

ケイファーマ(4896)IPOの業績
 

ケイファーマ(4896)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,040円
仮条件900円~1,040円
公開価格10月06日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約17.5億円です。オーバーアロットメントを含めると約20.1億円になります。
 

今期業績予想は黒字になっています。1.8億円の利益見込みなので黒字バイオの上場ですね!
 

ケイファーマ(4896)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数1,680,000株
売出株数0株
公開株式数1,680,000株
OA売出252,000株
引受幹事SBI証券(主幹事)
岡三証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
極東証券
松井証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
岡三オンライン

 
黒字バイオ株なので利益が見込めるかもしれません。仮条件待ちで良さそうですね。
 


 
ケイファーマの会社設立は2016年11月01日、本社住所は東京都港区六本木七丁目7番7号、社長は福島弘明氏(63歳)です。※2023年9月13日時点
 

従業員数は16人、平均年齢44.2歳、平均勤続年数2.6年、平均年間給与約784万円です。
 

ケイファーマ(4896)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
福島 弘明2,436,000株22.03%
SBI Ventures Two株式会社1,516,000株13.71%
岡野 栄之1,282,000株11.59%
中村 雅也1,282,000株11.59%
大和日台バイオベンチャー2号投資事業有限責任組合1,143,000株10.34%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2024年4月13日)でロックアップ解除倍率設定はありません。ベンチャーキャピタル3社に対しては90日間(2024年1月14日)のロックアップと発行価格1.5倍以上の解除設定が設けられています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SBI証券(主幹事)1,428,100株85.01%
岡三証券168,000株10.00%
SMBC日興証券50,400株3.00%
岩井コスモ証券16,800株1.00%
極東証券8,400株0.50%
松井証券5,000株0.30%
楽天証券3,300株0.20%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,000円~1,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 850円~1,150円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ケイファーマの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想950円~1,100円
修正値950円~1,100円変わらず
 

SBI証券が公開価格割れを連発させているためケイファーマのIPOに参加するのは危険かもしれない。大手もそんな感じで評価していますね。
 

今期売上10.0億円で四半期利益が1.8億円となるのは一時的なマイルストーン収益のためであり、来期は赤字転落となる可能性が高いそうです。
 

これから資金を必要とするフェーズⅢに入るため初期投資を行うには時期尚早と言った感じですね。創薬ベンチャーは基本的にIPO時の株価がピークとなることが多いです。
 

あとは話題などで乱高下し長期的に見ると下げる銘柄が多いと思います。地合いが良くないためパスしておきます。
 

上場規模は約20.1億円で時価総額は約120.1億円。個人投資家だけの相場になると厳しそうですね。
 

ケイファーマ(4896)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2024年8月23日~2032年8月22日970,000株
発行価格70円
2024年8月23日~2032年8月22日100,000株
発行価格70円
2024年12月27日~2032年12月26日110,000株
発行価格70円

 
ロックアップは90日間と180日間があります。90日間分にだけ1.5倍解除設定があります。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の11,559,000株から算出すると想定価格ベースで約120.2億円になります。
 

多分大丈夫だと思います。公開価格割れはないのでは?売出株もありませんからね。
 

ネット証券が主幹事なので初値売却する投資家は多そうです。SBI証券なので複数配分の期待もありそうです。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ