【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】成友興業(9170)IPOの上場と初値予想!

成友興業(9170)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場は名古屋証券取引所メイン市場で主幹事はSBI証券が引受けます。
 

上場規模は約3.6億円で公開株数130,000株、オーバーアロットメント19,500株です。想定発行価格は2,430円になっています。
 

成友興業(9170)IPOの上場と初値予想
 

業 種サービス業
上場市場名古屋証券取引所メイン市場
上場日10月13日
BB期間9月27日~10月03日
企業ホームページhttps://seiyukogyo.co.jp/
事業の内容汚染土壌処理業、建設系産業廃棄物の収集運搬及び中間処理、建設業

 

成友興業(9170)IPOの業績と事業内容

同社グループは成友興業及び連結子会社2社により構成されています。
 

首都圏を中心に環境事業として建設系産業廃棄物及び汚染土壌等の収集運搬及び中間処理並びに再資源化、建設事業として都市インフラ等の道路舗装・土木・土地造成・上下水道工事を主な事業内容としています。
 

成友興業(9170)IPOの業績
 

成友興業(9170)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,430円
仮条件2,200円~2,430円
公開価格10月04日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約3.2億円です。オーバーアロットメントを含めると約3.6億円になります。
 

地方上場なので油断できない吸収金額だと思います。名証なので何とかなりそうですけどね。
 

成友興業(9170)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数30,000株
売出株数100,000株
公開株式数130,000株
OA売出19,500株
引受幹事SBI証券(主幹事)
東海東京証券
岡三証券
アイザワ証券
岩井コスモ証券
むさし証券
委託見込SBIネオトレード証券
岡三オンライン

 
微妙な目銘柄なのでスルーしても良いと思います。配当が40円出るため配当利回りが1.65%になります。低いですね~
 


 
成友興業の会社設立は1975年3月12日、本社住所は東京都あきる野市草花1141番地1、社長は細沼順人氏(56歳)です。※2023年9月12日時点
 

従業員数は226人(臨時雇用者2人)、平均年齢40.4歳、平均勤続年数8.1年、平均年間給与約585万円です。
 

成友興業(9170)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
細沼 順人978,771株71.79%
細沼 菜穂子233,138株17.10%
成友興業従業員持株会22,900株1.68%
細沼 理恵16,791株1.23%
元石 真祐美9,060株0.66%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2024年4月09日)で解除倍率の設定はありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SBI証券(主幹事)117,100株90.08%
東海東京証券3,900株3.00%
岡三証券3,900株3.00%
アイザワ証券3,900株3.00%
岩井コスモ証券600株0.46%
むさし証券600株0.46%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,400円~2,600円
※ファーストインプレッション

第二弾⇒ 2,250円~2,550円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

成友興業の初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,200円~2,500円
修正値2,200円~2,430円
 

成友興業のIPOは人気がなさそうですね。業績から判断すると公開価格割れはなさそうですけど地方上場なので資金流入が厳しいようです。
 

配当40円もたいして魅力がないため買い支えなどは厳しいみたいです。
 

類似企業比較だとPER11.3倍は割安感がないそうです。名証案件で3.6億円は決して軽くないため割れる可能性が高いみたいです。
 

ここはSBI証券でIPOチャレンジポイントを貰うことに徹したほうがよさそうですね。
 

成友興業(9170)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2019年8月01日~2027年7月31日79,560株
発行価格1,600円
2021年9月19日~2029年9月18日23,700株
発行価格2,170円
2023年12月25日~2031年12月24日4,000株
発行価格2,170円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定はありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。103,260株が上場時に行使期限入りします。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,286,100株から算出すると想定価格ベースで約31.3億円になります。
 

あえて地方上場銘柄で勝負する必要はないと思います。
 

業績規模が大きいため安心感はあると思います。ただインカムゲインが低いため不人気でしょう!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ