【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトはPR記事を含みます

【評価】南海化学(4040)IPOの上場と初値予想!

南海化学(4040)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はスタンダード市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約12億円で公開株数626,300株、オーバーアロットメント93,900株です。想定発行価格は1,660円になっています。
 

南海化学(4040)IPOの上場
 

業 種化学
上場市場スタンダード市場
上場日4月20日
BB期間4月05日~4月11日
企業ホームページhttps://www.nankai-chem.co.jp/
事業の内容化学工業薬品、農薬、医薬部外品及び食品添加物の製造・販売、産業廃棄物の収集、運搬及び中間処理に関する事業、並びに、塩の製造、加工、販売に関する事業

 

南海化学(4040)IPOの業績と事業内容

1906年の創業以来、化学品メーカーとして歩み続けてきた企業です。
 

現在は、「化学品事業を通じて地球環境と豊かな社会の創生に貢献する」を企業理念に掲げ、様々な製品の基礎原料として使われる苛性ソーダや殺菌、消毒に使われる次亜塩素酸ソーダをはじめとする「基礎化学品事業」、
 

酢酸ナトリウム(食品用日持ち向上剤)、グルコサミンをはじめとする「機能化学品事業」、土壌殺菌剤として使われる農薬クロルピクリンをはじめとする「アグリ事業」、
 

廃硫酸のリサイクルを中心とする「環境リサイクル事業」、及び塩の加工・販売に関する「各種塩事業」の5事業を展開しています。
 

また、同社及び関係会社は、南海化学と国内外の連結子会社6社並びに持分法適用関連会社2社により構成されています。
 

南海化学IPOの業績
 

南海化学(4040)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,660円
仮条件1,660円~1,740円
公開価格4月12日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約10.4億円です。オーバーアロットメントを含めると約12億円になります。
 

この規模なら行けそうな気がしますけど微妙です。上場ラッシュ中でないためセーフかもしれません。配当は15円なので少ないです。
 

南海化学(4040)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数600,000株
売出株数26,300株
公開株式数626,300株
OA売出93,900株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
SBI証券
楽天証券
松井証券
岩井コスモ証券
岡三証券
マネックス証券
あかつき証券
委託見込岡三オンライン証券

 
不参加のIPOでも良さそうです。あまり人気にならないでしょう。元祖スタンダード銘柄みたいなもんですね。
 

もとは中山製鋼所グループなので知名度は多少あるのかもしれません。買われるとしたらニッチ事業だから?
 


 
南海化学の会社設立は1951年6月26日、本社住所は大阪市西区南堀江一丁目12番19号、社長は菅野秀夫氏(65歳)です。※2023年3月25日時点
 

従業員数は199人で平均年齢47.4歳、平均勤続年数8.9年、平均年間給与約676万円です。連結従業員数は304人となっています。
 

南海化学(4040)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
南海化学従業員持株会76,000株5.59%
東亞合成株式会社70,000株5.15%
ソーダニッカ株式会社63,000株4.63%
土居 弘子58,124株4.28%
大中物産株式会社54,516株4.01%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年10月16日)でロックアップ解除設定なしです。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)564,100株90.07%
野村證券18,700株2.99%
SBI証券12,500株2.00%
楽天証券6,200株0.99%
松井証券6,200株0.99%
岩井コスモ証券6,200株0.99%
岡三証券6,200株0.99%
マネックス証券3,100株0.49%
あかつき証券3,100株0.49%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,550円~1,900円
※ファーストインプレッション

第二弾⇒ 1,760円~1,900円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

南海化学の初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,700円~2,000円
修正値1,800円~2,000円
 

仮条件が引上げられているため安心感があります。しかし人気はあまりないと思います。
 

成熟感があり配当も15円しか出ません。配当利回りは1,740円算出で0.86%しかありません。
 

類似企業のPERが8倍~10倍なので割れることはないかもしれませんが人気はなさそうです。吸収金額が12.5億円なので多分割れないかな。
 

でも上値が重たそうです。スタンダード市場で老舗感ある企業は人気ないでしょう。BBは100株当選する程度しか申込みません。地合いが崩れてきたのでBB最終日まで様子見もありでしょう。
 

南海化学(4040)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年7月11日~2029年6月27日77,500株
発行価格2,072円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定なしです。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,330,330株から算出すると想定価格ベースで約38.7億円になります。
 

IPOの数が少し減るので公開価格を超えればいいよね?というレベルのIPOだと思います。
 

PERを調べると4.3倍なので類似企業比較だと割安なのかもしれません!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ