DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに新規口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,000円分が貰えます。

ユニコーンAmazonギフト券1,500円キャンペーン


ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!


Retty(レッティ)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

Retty(レッティ)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事は大和証券とSMBC日興証券が共同で引受けます。
 

上場規模は約63.7億円で公開株数4,818,600株、オーバーアロットメント722,700株です。想定発行価格は1,150円になっています。上場規模が多くベンチャーキャピタル保有株が多いため微妙なIPOです。
 

知名度があるため公開価格は超えてくると思っています。しかし、外食産業をターゲットにしているだけに新型コロナウイルス感染症が気になります。
 

Retty(レッティ)上場とIPO初値予想
 

業 種サービス業
上場市場マザーズ
上場予定10月30日
BB期間10月15日~10月21日
企業ホームページhttps://corp.retty.me/
事業の内容グルメプラットフォーム「Retty」の運営等

 

【手取金の使途】

差引手取概算額218百万円及び前記「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限826百万円については、①事業拡大に向けた人件費及び採用費用として170百万円、②当社と契約した飲食店増加に向けた代理店の体制構築への投資として400百万円、③新商品の開発に向けた投資として260百万円、④海外事業に向けた投資として200万円を充当し、残額は運転資金のために借入れた長期借入金の返済に充当する予定であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

Retty(レッティ)IPOの業績と事業内容

売上は拡大し赤字も縮小し前期黒字になっています。しかし、今期第3四半期では新型コロナウイルス感染症の影響で赤字に逆戻りになっています。今期予想を仮条件時に調べて追記したいと思います。
 

Rettyは「食を通じて世界中の人々をHappyに。」をビジョンに掲げ、各ユーザーの好みに合わせて個別最適化された飲食店情報を提供するサービスを行っています。
 

ユーザーの実名に基づく飲食店オススメ口コミ情報及び全国の飲食店情報等を蓄積した実名型グルメプラットフォーム「Retty」を運営しています。
 

Rettyを利用するユーザーは全国の飲食店情報を閲覧できるほか、実際に飲食店を訪れたことがあるユーザーをフォローしオススメ口コミ情報を閲覧することができるようになっています。
 

またRettyのサービスは実名型のサービスとなっているため、当該オススメ口コミ情報の信頼性が高く、趣味嗜好が合うユーザー同士で情報提供ができるSNS機能を組み込んでいます。
 

Retty(レッティ)IPO業績
 

飲食店側においても、点数評価ではないオススメ口コミ情報が掲載されることから「Retty」を受け入れやすい仕様となっています。
 

当該オススメ情報を投稿するユーザーやフォローするユーザー数を確認できるほか、SNS機能を通じて当該ユーザーとの接点を持つことができるため単なる一次集客のみならず、二次、三次集客へとつなげることが可能となっているそうです。
 

実名型グルメプラットフォーム「Retty」の月間利用者数が伸びているそうです。2020年5月は新型コロナウイルス感染症の影響で月間利用者数が減少したそうです。
 

緊急事態宣言が発令されて最も影響の大きかった4月の2,445万人から増加傾向に転じ、2020年8月末時点で4,393万人(前年同月比103.9%)まで増加しています。
 

Retty(レッティ)月間利用者
 

多くの飲食店は稼働率の向上を通じた売上の増加及び採算の改善による利益率の向上を至上命題としており、同社はRettyを通じたオンラインでの販促を提供することで、飲食店から毎月定額のサービス利用料収入を得ています。
 

サービスは、毎月定額の料金を有料店舗より頂くサブスクリプション型のビジネスモデルとなっており、持続的かつ継続的に売上が積み重なっていくストック型の売上とになるそうです。
 

有料店舗数は2020年はCOVID-19の影響で減少していますが、4月~5月にかけて発令された緊急事態宣言の解除後、7月から増加傾向に転じ、2020年8月末時点で有料店舗数は9,678店まで増加しています。
 

Retty(レッティ)IPO有料店舗数とFRM事業
 

広告コンテンツは、実名型グルメプラットフォーム「Retty」を活用した広告ソリューション、Retty運営で蓄積してきたコンテンツを活用したコンテンツソリューションでの収益があります。
 

広告ソリューションは「Retty」の利用者数を飲食店以外の顧客に送客するサービスになり、タイアップや広告掲載収入などがあります。
 

コンテンツソリューションは、79万店に及ぶ店舗データや写真データ、実名口コミデータ、ユーザーログなどのコンテンツが蓄積されており、これをRettyのデータベースである「Food Data Platform」としてクライアントに継続的に提供することで、月額の利用料を頂く仕組みになっています。
 

Retty(レッティ)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,150円
仮条件1,150円~1,180円
公開価格10月22日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約55.4億円です。オーバーアロットメントを含めると約63.7億円になります。マザーズ上場では荷もたれ感が強い金額だと思います。
 

ただ公開株数が多いためIPOには当選しやすそうです!獲得しやすいチャンスIPOだと思います。
 

共同主幹事なので両方から攻めたいと思います。ただ調べると大和証券が単独ブックランナーと有価証券届出書に書かれているためメーンは大和証券になります。
 

Retty(レッティ)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数200,000株
売出株数4,618,600株
公開株式数4,818,600株
OA売出722,700株
引受幹事大和証券(共同主幹事)
SMBC日興証券(共同主幹事)
SBI証券
野村證券
みずほ証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
エース証券
委託見込DMM.com証券

 
大和証券とSMBC日興証券からIPO抽選に参加しておきましょう。どちらも幹事引受け株数が多いと思われるため積極的に申込みを行いたいと思います。
 

一見、不人気そうなので激戦にはならないかもしれません。ベンチャーキャピタル売出し株が中心なのでIPOとしてのイメージは良くありません。それに知名度があっても業績がいまいちですからね。
 


 
株数が多いため委託幹事でDMM.com証券も取扱いがあるかもしれません。大和証券やSMBC日興証券と違って資金不要でIPO抽選に参加できます。
 

ダメもとでIPO抽選に参加するスタンスでよいと思います。資金不要でも当選する人は結構いますからね。
 


 
レッティの会社設立は2010年11月15日、本社住所は東京都港区三田一丁目4番1号住友不動産麻布十番ビル3F、社長は武田和也氏(37歳)です。※2020年9月29日時点
 

従業員数は132人(臨時雇用者57人)、平均年齢30.3歳、平均勤続年数2.8年、平均年間給与約621万円です。
 

Retty(レッティ)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
武田 和也3,560,000株29.40%
YJ2号投資事業組合1,588,376株13.12%
JAPAN VENTURES I L.P.1,249,610株10.32%
AT-Ⅰ投資事業有限責任組合870,596株7.19%
WiL Fund I, L.P.753,660株6.22%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸借人かつ株主である武田和也、売出人かつ株主である長束鉄也、奥田健太及び内野友明、並びに当社の株主であるYJ2号投資事業組合、株式会社ネオキャリア及び樽石将人は、共同主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目(2021年4月27日)までの期間、共同主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨を合意しております。

また、売出人かつ株主であるAT-Ⅰ投資事業有限責任組合及びみずほ成長支援投資事業有限責任組合は、共同主幹事会社に対し、ロックアップ期間中、共同主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、共同主幹事会社を通じて行う株式会社東京証券取引所での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(共同主幹事)3,903,500株81.01%
SMBC日興証券(共同主幹事)674,600株14.00%
SBI証券120,400株2.50%
野村證券48,100株1.00%
みずほ証券24,000株0.50%
岩井コスモ証券19,200株0.40%
いちよし証券19,200株0.40%
エース証券9,600株0.20%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,300円~1,600円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,200円~1,400円
※仮条件発表後
 

レッティ初値予想と市場コンセサンス

初値予想1,000円~1,500円

修正値1,700円~2,000円

人気業種と思っていましたがかなり評価が低いようです。やはりムリクリ上場してくる感じがNGなのかもしれません。しかも新型コロナウイルス感染症の影響で赤字みたいですからね。

類似企業で最有力なのカカクコム(2371)でしょう。ぐるなび(2440)は四季報で赤字予想が出ていました。

この業界は2020年はかなり業績が厳しいと思います。GoToイートが始まり収益は増えると予想されますが黒字化は無理でしょう。短期収益で終わると思います。

また大手予予想ではベンチャーキャピタルの餌食になりかねない表現があるようです。難しいIPOになりそうなので積極的に参加することはしないと思います。仮条件上限方向に引き上げられ吸収資金レンジが55.4億円~65.4億円になりました。

2020年9月期の単独業績予想は売上22.1億円で経常利益-2.8億円になる予想が出ています。前期比較だと売上2.4%減、経常利益は1億円の利益から-2.8億円になる予想がでています。

四半期利益は-3.3億円になり前期1.6億円の黒字から完全赤字状態です。EPSは-34.10でBPS66.52となっています。PBRは17.74倍と算出ができますがPERは算出できません。

ベンチャーキャピタルので出口案件で赤字だと厳しそうですね。この状況であれば100株当選を目指して適度に申込みを行いたいと考えています。続くIPOがないことはプラス材料だと思います。
 

Retty(レッティ)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2015年5月01日~2023年4月24日160,000株
発行価格89円
2015年6月01日~2023年5月22日128,000株
発行価格89円
2016年9月01日~2024年7月31日152,000株
発行価格213円
2017年7月14日~2025年7月13日124,000株
発行価格682円
2017年7月14日~2025年7月13日60,000株
発行価格682円
2018年7月21日~2026年7月20日32,400株
発行価格960円
2018年7月21日~2026年7月20日16,000株
発行価格960円
2019年5月19日~2027年4月18日162,800株
発行価格960円
2019年9月30日~2027年8月29日56,000株
発行価格960円
2018年9月01日~2023年8月31日405,784株
発行価格2,312円
2021年1月01日~2028年8月28日24,178株
発行価格18,854円
2020年9月29日~2028年8月28日53,600株
発行価格2,312円
2021年9月29日~2029年8月28日102,400株
発行価格2,312円
2019年9月29日~2029年9月28日10,400株
発行価格2,312円

 
ロックアップは180日間(2021年4月27日)、AT-Ⅰ投資事業有限責任組合とみずほ成長支援投資事業有限責任組のロックアップ解除倍率が1.5倍になっています。また、新株予約権保有者の多くがロックアップの対象になっています。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。1,296,984株が行使期限を迎えています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の10,812,504株から算出すると想定価格ベースで約124.3億円になります。
 

初値2倍は厳しいと思いますけど、話題性があるIPOなので状況に応じて買いが殺到するのではないかと考えています。地合いが悪いと警戒されるIPOになると思います。
 

VC保有分の株式が市場で吸収されると面白そうな銘柄だと思います!
 

1年間に税別48,000円分の情報をDMM.com証券で見ることができます。IPO直前初値予想なども公開されるためチェックしておきましょう。
 

無料で見れる方法は記事でまとめました。モーニングスターの初値予想や株式情報を見ることができます。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ