【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】シンカ(149A)IPOの上場と初値予想

シンカ(149A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約7.5億円で公開株数620,000株、オーバーアロットメント93,000株です。想定発行価格は1,050円になっています。
 

シンカ(149A)IPOの上場と初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日3月27日
BB期間3月11日~3月15日
企業ホームページhttps://www.thinca.co.jp/
事業内容コミュニケーションプラットフォーム「カイクラ」の開発、販売及びその他関連する業務

 

シンカ(149A)IPOの業績と事業内容

同社は企業の生産性と幸福度を世界一に導きながら日本をもっと元気でおもしろい国にしよう! そして世界をもっとおもしろくしよう!という思いから、「ITで 世界をもっと おもしろく」を経営理念に掲げています。
 

この経営理念を実現するために、顧客とのコミュニケーションを自動で記録・整理し、一元管理することのできる「カイクラ」を開発・提供しています。
 

「カイクラ」は固定電話や携帯電話などによる顧客とのコミュニケーションに対応しており、顧客情報やコミュニケーション履歴をデータベースで一元管理し、導入オフィスにおいて顧客対応の属人化を解消することを可能にしています。
 

シンカ(149A)IPOの業績
 

シンカ(149A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,050円
仮条件1,050円~1,100円
公開価格1,320円
※仮条件上限を20%上回る価格

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約6.5億円です。オーバーアロットメントを含めると約7.5億円になります。
 

魅力的な上場サイズなので初値で売却益が見込めそうです。
 

シンカ(149A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数467,000株
売出株数153,000株
公開株式数620,000株
OA売出93,000株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
ひろぎん証券
岡三証券
委託見込SBIネオトレード証券
岡三オンライン

 
SMBC日興証券狙いのIPOですね。人気があればIPOチャレンジポイントを利用しても良いかもしれません。
 


 
会社設立は2014年1月08日、本社住所は東京都千代田区神田錦町三丁目3番地、社長は江尻高宏氏(47歳)です。※2024年2月25日時点
 

従業員数は56人、平均年齢37.8歳、平均勤続年数2.8年、平均年間給与約586万円です。
 

シンカ(149A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
江尻 高宏530,480株17.20%
DCIベンチャー成長支援投資事業有限責任組合515,680株16.72%
株式会社ナンディ280,000株9.08%
SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合250,000株8.10%
東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合139,400株4.52%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2024年6月24日)と180日間(2024年9月22日)にわかれ90日間分には発行価格1.5倍以上のロックアップ解除条項ができようされます。主にVC保有となっています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)589,000株95.00%
SBI証券12,400株2.00%
マネックス証券6,200株1.00%
楽天証券6,200株1.00%
ひろぎん証券3,100株0.50%
岡三証券3,100株0.50%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,600円~2,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,500円~1,800円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

シンカの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~1,800円
修正値1,650円
 

どうやらIPOの日程で損している銘柄みたいですね。そしてベンチャーキャピタル保有株が多くロックアップが外れたら売り増加予想です。
 

上場規模は公開価格1,100円決定で約7.8億円しかない。時価総額は約34.8億円に決定。ストック収益で業績好調だけどVCの売り圧力が酷いみたいですね。マジカ?
 

IPOラッシュで資金があまり向かわない予想です。VC等のロックアップ解除1.5倍で1,597,400株あるみたいです。
 

業績は期待できるがVCが売り捌かないと上には向かわないみたいです。業績規模が小さいため機関投資家やファンドの資金は向かわないかもしれませんね。
 

シンカ(149A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2016年2月01日~2026年3月31日20,000株
発行価格25円
2019年8月01日~2027年7月31日105,600株
発行価格575円
2020年6月01日~2028年4月30日28,680株
発行価格650円
2022年10月30日~2030年6月18日97,840株
発行価格663円
2024年12月27日~2032年12月15日140,520株
発行価格700円

 
ロックアップは90日間と180日間で90日間分に発行価格1.5倍以上でロックアップ解除設定があります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。252,120株が行使期限入りしています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の3,159,320株から算出すると想定価格ベースで約33.2億円になります。
 

VC出資はありますけど一定に人気が見込まれると思います。上場が日程的に集中しているデメリットがあります。気を付けましょう。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ