【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】売れるネット広告社(9235)IPOの上場と初値予想!

売れるネット広告社(9235)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は東海東京証券が引受けます。
 

上場規模は約10.8億円で公開株数900,000株、オーバーアロットメント135,000株です。想定発行価格は1,040円になっています。
 

売れるネット広告社(9235)IPOの上場と初値予想
 

業 種サービス業
上場市場グロース市場
上場日10月23日
BB期間10月04日~10月11日
企業ホームページhttps://www.ureru.co.jp/
事業の内容D2C(ネット通販)事業者のインターネット広告の費用対効果を改善することを目的とした、クラウドサービスおよびマーケティング支援サービスの提供

 

売れるネット広告社(9235)IPOの業績と事業内容

同社は「“最強の売れるノウハウ®”を用いて関わるすべての企業を100%成功に導くことで世界中にたくさんのドラマを創る」という企業理念を掲げています。
 

D2C(ネット通販)事業者が同社サービスを活用し、インターネット広告の費用対効果を改善し、業績を拡大することを目的として事業を展開しているそうです。
 

売れるネット広告社(9235)IPOの業績
 

売れるネット広告社(9235)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,040円
仮条件830円~910円
公開価格10月12日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約9.4億円です。オーバーアロットメントを含めると約10.8億円になります。
 

このクラスのIPOなら行けそうですね。今期利益は1億円を超えます。
 

売れるネット広告社(9235)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数450,000株
売出株数450,000株
公開株式数900,000株
OA売出135,000株
引受幹事東海東京証券(主幹事)
SBI証券
岡三証券
野村證券
西日本シティTT証券
楽天証券
松井証券
岩井コスモ証券
FFG証券
丸三証券
東洋証券
あかつき証券
委託見込岡三オンライン
DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
東海東京証券狙いでよさそうです。ただ大きな利益は見込めないと思います。
 


 
売れるネット広告社の会社設立は2010年1月20日、本社住所は福岡県福岡市早良区百道浜二丁目3番8号、社長は加藤公一レオ氏(48歳)です。※2023年9月24日時点
 

従業員数は45人、平均年齢30.2歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与約484万円です。
 

売れるネット広告社(9235)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
加藤 公一レオ1,500,000株44.61%
株式会社レオアセットマネジメント1,200,000株35.70%
加藤 一恵300,000株8.92%
福本 朋哉30,000株1.00%
藤田 純23,000株0.77%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2024年4月19日)でロックアップ解除倍率の設定はありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
東海東京証券(主幹事)567,000株63.00%
SBI証券90,000株10.00%
岡三証券90,000株10.00%
野村證券45,000株5.00%
西日本シティTT証券27,000株3.00%
楽天証券18,000株2.00%
松井証券18,000株2.00%
岩井コスモ証券18,000株2.00%
FFG証券9,000株1.00%
丸三証券9,000株1.00%
東洋証券4,500株0.50%
あかつき証券4,500株0.50%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,100円~1,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 900円~1,200円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

売れるネット広告社の初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,000円~1,500円
修正値900円~1,000円
 

2022年7月期の赤字は会計基準を変更したためとなっているが、財務諸表の見た目の悪さからたいしてプラス効果はなさそう。
 

業績は戻りつつあるが広告業界は厳しい状況が続き変動率も大きいため何とも言い難い。そもそも業績をこのまま維持できるのか疑問が多い。
 

ストック型収益とうたっているが解約率が高く逆に目論見に書かないほうが良かったと感じる。
 

上場を意識したのか過去に値上げを行い顧客離れが加速した模様。収益については回復しているためよく頑張ったといった見方もできる。
 

上場規模が約9.4億円と軽量級なのにここまで評価が低いとは逆に驚くIPOとなっている。新興市場の下落が目立ちリスクを取り投資を行うにはリスクが高そう。
 

公募組もあまり積極的にブックビルディングに参加しないと思われる。上場タイミングに恵まれないIPOですね。
 

売れるネット広告社(9235)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2020年8月01日~2028年7月31日125,820株
発行価格35円
2021年7月30日~2029年7月29日58,620株
発行価格166円
2022年8月01日~2030年7月31日30,000株
発行価格590円
2022年11月01日~2030年10月31日12,500株
発行価格590円

※一部省略しています
 

ロックアップは180日間で解除倍率設定はありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。235,935株が行使期限入りしています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の3,450,000株から算出すると想定価格ベースで約35.9億円になります。
 

公式ランディングページが少し怪しい感じもしますけど何とかなるIPOだと思います。IPOに当選したら即日売却でしょう。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ