DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに新規口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,000円分が貰えます。

ユニコーンAmazonギフト券1,500円キャンペーン


ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!


【初値予想】さくらさくプラス(7097)とカラダノート(4014)IPOの幹事配分!最新情報

さくらさくプラス(7097)とカラダノート(4014)の最新の初値予想を調べてみました。ブックビルディングが始まるタイミングでの大手予想になります。
 

結論的にはどちらも公開価格を大きく超えてくるそうなので、公募組は申込を行っておいて良さそうです。カラダノートは初値5倍以上になる予想もでているようです!
 

さくらさくプラス(7097)大手初値予想
 

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証(主幹事)610,000株90.05%
野村證券23,700株3.50%
SBI証券23,700株3.50%
岩井コスモ証券10,100株1.49%
マネックス証券3,300株0.49%
エース証券3,300株0.49%
楽天証券3,300株0.49%

 
まず、さくらさくプラスIPOから考察したいと思います。同社は再承認案件になり前回は新型コロナウイルス感染症により上場を中止していました。
 

事業は東京都23区を中心に千葉、埼玉、大阪で「認可保育所」「小規模認可保育所」「認証保育所」を運営しています。上場規模は想定発行価格2,330円計算で約17.4億円になります。
 

ベンチャーキャピタル出資がなく既存株主と新株予約権者(ストックオプション)には180日間のロックアップが掛かっています。公開株数以外の株が上場時に流通することはなさそうです。詳しくは初値予想の記事に書いているので参考にしてください。
 
さくらさくプラス上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

上場が一度承認され行政等から不審されないために早期の承認が必要だったそうです。このため今回の再承認は信頼の面でよい方向に向かいそうです。さくらさくプラスも自治体からお金を貰っているため再承認できて安心しているはずです。
 

タスキ(2987)やI-ne(4933)、STIフードホールディングス(2932)などIT系とは関係がない企業にも資金が流入していることから、さくらさくプラスの初値も期待できそうです。
 

前回承認時の業績予想よりも再承認時の業績が良かったことも好感されそうです。ただその分、想定発行価格が高くなっているようです。上場のタイミングも良いとされているため主幹事のSMBC日興証券から当選を狙いたいと思います。
 

平幹事でも申込を行っておきたいと思います。エース証券以外の幹事からネット申し込みができます。大手の初値予想は3,000円~5,000円となっているようです。
 


 

カラダノート(4014)IPOの幹事配分と最新の大手初値予想!

カラダノートIPOはさくらさくプラスよりもだいぶ人気があるそうです。初値4倍以上は確実視されていますし、初値5倍も視野に入るそうです。
 

カラダノートIPOの大手初値予想
 

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)1,274,700株85.04%
SBI証券89,900株6.00%
SMBC日興証券45,000株3.00%
マネックス証券29,800株1.99%
いちよし証券14,900株0.99%
岡三証券14,900株0.99%
東洋証券14,900株0.99%
楽天証券14,900株0.99%

 
カラダノートの事業は妊娠育児用アプリの提供を行い、登録者の個人情報を得ることで保険や食材宅配、幼児教育などの商材を勧める手法になります。
 

業績も好調に推移していることやベンチャーキャピタル出資がいないことから買われる材料があります。また、ロコガイド(4497)の代表取締役である穐田誉輝氏が同社に出資し代表者に次ぐ大株主になっています。
 

これが予想以上に投資家の購買意欲を誘うようですね。初値3倍期待もある中で穐田誉輝氏が関わった企業のため初値5倍などの数値が出てきているみたいです。
 

株数も多いため欲しいIPOです。詳しくは初値予想の記事に書いているので参考にしてください。
 
カラダノート(4014)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

また、マザーズ指数やジャスダック指数などが伸び続けていることも好材料です。資金が入れば一気に上昇し、その後上下を繰り返している銘柄が増えてきました。
 

セカンダリーもIT系じゃなくても資金が入ることが確認できています。初値で20億円規模の買い需要が発生しているそうです!
 

良い流れで来ているため公募組は利益を出せるチャンスですね。特にカラダノートのIPOはオーバーアロットメントを含めると1,723,800株あります。複数株当選の期待もできそうです。
 

2020年はIPOに当選する数が少なくても利益は例年よりも多いため、頑張りどころだと思います。大手の初値予想は2,000円~2,500円になっています。
 

松井証券の証券口座開設はお済ですか?資金不要でIPO抽選に参加でき、50万円の約定まで株式売買手数料が無料です。
 

立会外分売りで配分があっても売却手数料が掛からない事が多いいため、色々と使えます。クロス取引でも手数料無料にする事もできます。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ