【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】マテリアルグループ(156A)IPOの上場と初値予想

マテリアルグループ(156A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約58.4億円で公開株数4,887,100株、オーバーアロットメント733,000株です。想定発行価格は1,040円になっています。
 

マテリアルグループ(156A)IPOの上場と初値予想
 

業 種サービス業
上場市場グロース市場
上場日3月29日
BB期間3月13日~3月18日
企業ホームページhttps://materialgroup.jp/
事業内容PR・デジタルを中心としたマーケティングコミュニケーション支援

 

マテリアルグループ(156A)IPOの業績と事業内容

グループ企業はマテリアル及び連結子会社6社で構成され、マーケティングコミュニケーション領域において、PR発想/ストーリーテリングをコアとして顧客のブランドの成長を支援する専門事業集団です。
 

同社グループは中核子会社と位置付けている株式会社マテリアルが属するPRコンサルティング事業を中心に、デジタルマーケティング事業、PRプラットフォーム事業の3つの事業を展開しています。
 

マテリアルグループ(156A)IPOの業績
 

マテリアルグループ(156A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,040円
仮条件1,100円~1,180円
公開価格3月19日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約50.8億円です。オーバーアロットメントを含めると約58.4億円になります。
 

上場規模が大きくファンド絡みなので警戒しておきたいと思います。
 

マテリアルグループ(156A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数50,000株
売出株数4,837,100株
公開株式数4,887,100株
OA売出733,000株
引受幹事野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券

 
ファンド案件が出てきたので大丈夫か?と思っています。野村證券じゃないと今の地合いでは厳しいかもですね。昨年のIPO不調時に野村案件だけは安泰でしたからね。
 


 
会社設立は2014年8月18日、本社住所は東京都港区赤坂一丁目12番32号アーク森ビル35階、代表取締役CEOは青﨑曹氏(36歳)です。※2024年2月26日時点
 

従業員数は29人(臨時雇用者2人)、平均年齢35.5歳、平均勤続年数2.1年、平均年間給与約623万円です。
 

マテリアルグループ(156A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
戦略PR投資事業有限責任組合6,951,145株61.95%
10X Investment Ltd.2,241,184株19.97%
馬場 沙紀600,000株5.35%
Retweet and Share Ltd.583,095株5.20%
青﨑 曹225,339株2.01%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2024年9月24日)と360日間(2025年3月23日)となっています。ロックアップ解除倍率設定はありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)4,623,100株94.60%
SMBC日興証券73,300株1.50%
みずほ証券73,300株1.50%
SBI証券73,300株1.50%
楽天証券14,700株0.30%
あかつき証券14,700株0.30%
岩井コスモ証券14,700株0.30%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 900円~1,200円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,100円~1,250円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

マテリアルグループの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想900円~1,100円
修正値1,180円~1,200円
 

上場規模が約66.3億円ありながら2024年8月期の四半期利益予想が7.5億円しかない。この時点でスルーなのだか野村證券が主幹事で仮条件が引上げられた。
 

ということは機関投資家に人気だと考える。どんな時も割らせない野村證券だが今回は少し心配がある。オファリングレシオも57%弱のファンド出口案件。
 

10億円の利益も未達なのに吸収金額がデカイ。海外需要がもしかしたら多いのかもしれないが国内勢は消極的では?野村證券の営業力に期待したい案件。
 

IPOとしては魅力があまりない。利益が出ても1万円未満か?シンジケートカバーはすぐに入れてくると思うので割れてもたいしたことはないだろう。程々にブックビルディングに参加したい。
 

損したくないならBBは控えるべき!
 

マテリアルグループ(156A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2019年11月29日~2027年10月28日52,000株
発行価格37円
2021年12月01日~2030年2月25日400,000株
発行価格546.1円
2022年2月15日~2030年1月30日130,800株
発行価格545円
2025年1月01日~2035年3月31日600,000株
発行価格1,031.24円
2025年5月25日~2033年5月16日210,675株
発行価格1,030円

 
ロックアップは180日間と360日間になり解除倍率設定なしです。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。582,800株が行使期限入りします。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の9,877,197株から算出すると想定価格ベースで約102.7億円になります。
 

怪しさがあるIPOなので仮条件を待って判断します。あまり好感できないですね。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ