【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

ヌーラボ上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価】

ヌーラボ(5033)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約47.5億円で公開株数1,939,300株、オーバーアロットメント290,800株です。想定発行価格は2,130円になっています。
 

ヌーラボ(5033)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日6月28日
BB期間6月13日~6月17日
企業ホームページhttps://nulab.com/ja/
事業の内容Backlog等のクラウドサービスの開発・提供

 

ヌーラボ(5033)IPOの業績と事業内容

同社グループは「チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくする」というミッションを掲げ、企業や個人の生産性を向上させるべくクラウドサービス事業を営んでいます。
 

同社グループが掲げるミッションを達成するために、自身や所属するグループの課題をプロジェクトとして管理するツール「Backlog」、様々なアイデアを図で描くことにより言葉を超えて共有することができるビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」
 

多くの人と同時に円滑なコミュニケーションを行うことができるビジネスチャットツール「Typetalk」、IDの管理を容易にし、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるツール「Nulab Pass」といった4つのサービスを展開しています。
 

ヌーラボ(5033)IPOの業績推移
 

ヌーラボ(5033)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,130円
仮条件960円~1,000円
公開価格6月20日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約41.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約47.5億円になります。
 

この規模が上場するのはまだ早い気がします。黒字化していますけど今期は増収減益予想が出てますからね。公開株数も多めで需給に不安があります。
 

ヌーラボ(5033)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数510,300株
売出株数1,429,000株
公開株式数1,939,300株
OA売出290,800株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
マネックス証券
西日本シティTT証券
SBI証券
委託見込SBIネオトレード証券

 
PayPay(ペイペイ)証券は米国株式が即約定するため短期的な利益を得るにはよさそうです。
 

NY市場が開く前に約定するから凄いんですよね。たまに取引で使っています。日本株も取引きすることもあります。意外に使えるのでIPO目的ではなくても良さそうです。
 


 
ヌーラボの会社設立は2004年3月29日、本社住所は福岡県福岡市中央区大名一丁目8番6号、社長は橋本正徳氏(46歳)です。※2022年6月08日時点
 

従業員数は127人(臨時雇用者0人)、平均年齢36.1歳、平均勤続年数3.3年、平均年間給与約690万円です。
 

ヌーラボ(5033)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
橋本 正徳1,658,742株25.42%
田端 辰輔1,653,397株25.34%
株式会社アリオト1,566,655株24.01%
Founder Foundry1号投資事業有限責任組合321,428株4.93%
ヌーラボ従業員持株会292,349株4.48%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは360日間(2023年6月22日)までと180日間(2022年12月24日)までになっています。ベンチャーキャピタルは360日間と発行価格1.5倍以上でロックアップ解除になります。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)1,842,500株95.01%
マネックス証券48,500株2.50%
西日本シティTT証券29,000株1.50%
SBI証券19,300株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,950円~2,300円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,100円~1,250円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ヌーラボの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,000円~2,500円
修正値1,200円~1,400円
 

仮条件範囲が960円~1,000円に半減しました。吸収金額ももちろん半減され22.3億円になります。
 

期待して良いのか微妙だけど公開価格割れはなさそうな雰囲気です。利益を得るには難しいかもしれませんがSMBC日興証券は頑張ると思うので割れないでしょう。社員不祥事で期待できるはずです。
 

利益期待は低いけど1単元1万円くらいは期待できそうです。大手情報では荷もたれ感がないとの観測です!
 

ヌーラボ(5033)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2022年2月20日~2030年2月12日163,953株
発行価格840円
2023年4月01日~2031年3月26日413,140株
発行価格840円
2024年1月07日~2032年1月06日7,380株
発行価格890円

 
ロックアップは180日間と360日間にわかれています。VCVCに対しては1.5倍でロックアップ解除になります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。163,953株が行使期限いりしていました。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の6,450,397株から算出すると想定価格ベースで約137.4億円になります。
 

このIPOは厳しそうなので無理して参加する必要はなさそうです。事業はIPO向きですけど収益性が悪いようです!
 

tileltuku 坪田ラボ(4890)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ