【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

サンウェルズ上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価】

サンウェルズ(9229)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約65.5億円で公開株数2,935,000株、オーバーアロットメント440,200株です。想定発行価格は1,940円になっています。厳しそうなIPOだと思います。
 

サンウェルズ上場とIPO初値予想
 

業 種サービス業
上場市場グロース市場
上場日6月27日
BB期間6月10日~6月16日
企業ホームページhttps://sunwels.jp/pdh/
事業の内容パーキンソン病専門の有料老人ホーム「PDハウス」を中心とした介護事業等の運営

 

サンウェルズIPOの業績と事業内容

同社の事業は介護事業の単一セグメントで介護施設の運営を中心とする事業会社です。
 

介護施設の運営事業で提供するサービスは、介護保険法、健康保険法及び障害者総合支援法の適用を受けるため、サービス提供時には自己負担金として1~3割を利用者に請求し、残りの7~9割の費用は国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金に請求して保険給付を受けています。
 

そのため主な収入は、介護保険、健康保険及び障害福祉サービスによる保険報酬です。
 

また、介護施設の運営事業のほか福祉用具のレンタル、販売及び住宅のリフォーム事業や加圧トレーニングジムの運営事業等を行っています。
 

サンウェルズIPOの業績
 

サンウェルズIPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,940円
仮条件1,770円~1,940円
公開価格6月17日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約56.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約65.5億円になります。
 

正直なところ上場中止にならないか心配しています。
 

公募株も売出株も多く懸念されます。業績は拡大しつつも利益に対して吸収金額が多過ぎですね。特に今の地合いでは好まれないでしょう。
 

サンウェルズIPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数1,761,000株
売出株数1,174,000株
公開株式数2,935,000株
OA売出440,200株
引受幹事野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
みずほ証券
楽天証券
今村証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
今の地合いだとIPO抽選に申込まないと思います。高齢化社会とも関係があり収益は確実かもしれませんが医療系のIPOに直近で資金が入りませんからね。
 


 
サンウェルズの会社設立は2006年9月26日、本社住所は石川県金沢市二宮町15番13号、社長は苗代亮達氏(48歳)です。※2022年5月26日時点
 

従業員数は1,172人人(臨時雇用者87人)、平均年齢38.8歳、平均勤続年数2.7年、平均年間給与約316万円です。
 

サンウェルズIPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社杏4,500,000株56.53%
苗代 亮達3,240,000株40.70%
越野 亨15,000株0.19%
長山 知広15,000株0.19%
中山 美智代15,000株0.19%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日(2022年9月24日)までになり、ロックアップ解除倍率は設定されていません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)2,641,800株90.01%
SMBC日興証券146,700株5.00%
東海東京証券29,300株1.00%
SBI証券29,300株1.00%
みずほ証券29,300株1.00%
楽天証券29,300株1.00%
今村証券29,300株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,750円~2,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,950円~2,050円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

サンウェルズの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,000円~2,500円
修正値2,000円~2,150円
 

大手情報では売り気配になることも想定されるようです。業績期待で買われるかも?と言った疑問の投げかけもありますけど。利益が出るのか超微妙みたいですね。
 

上場規模が大きいことが最大の問題か?VC出資がなく機関投資家需要狙いだと思います。
 

サンウェルズIPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2023年3月27日~2031年3月15日190,000
発行価格219円
2023年7月16日~2031年7月15日10,000株
発行価格388円
2023年10月16日~2031年10月15日10,000株
発行価格388円
2023年11月17日~2031年11月16日10,000株
発行価格388円

 
ロックアップ90日間で解除倍率設定なし。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。行使期限に入る株数はありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の11,740,000株から算出すると想定価格ベースで約227.8億円になります。
 

このIPOは需要があまり見込めないでしょう。機関投資家も最近はIPOに積極的に投資していないようですからね。
 

セカンダリーで利益が見込めそうなIPOには投資していますが中長期で利益が本来狙える銘柄に流れる資金は乏しいです。
 

tileltuku マイクロアド(9553)幹事も完全抽選で当選期待です⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ