IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

ポート(7047)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

ポート(7047)IPOがマザーズに新規上場承認されました。主幹事は大和証券で公開株式数がオーバーアロットメントを含め3,673,600株あり当選しやすそうです。上場による市場からの吸収額は約53.3億円と大きいため利益はあまり見込めなさそうです。
 

同日上場には、EduLab(4427)と自律制御システム研究所(6232)があり資金分散も起きるため一番選ばれない可能性があります。難しい銘柄ですが、ネット抽選を利用すれば当選後のキャンセルも可能です。ソフトバンク上場日前後も混雑しているため色々と不安です。
 

ポート(7047)新規上場
 

業 種 サービス業
上場市場 マザーズ
公開予定 12月21日
BB期間 12月06日~12月12日
企業ホームページ https://www.theport.jp/
事業の内容 インターネットメディア事業

 

【手取金の使途】

手取概算額1,074百万円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限692百万円については、当社の運転資金として既存事業の更なる拡大と新規メディアの開発を行うため優秀な人材の育成及びキャリア領域を中心とした人材の確保等を図ることを目的とし、人件費・採用教育費に1,226百万円(平成32年3月期243百万円、平成33年3月期408百万円、平成34年3月期574百万円)を充当する予定であります。

なお、残額540百万円については、将来における事業拡大に寄与する成長資金として充当する方針でありますが、当該内容等について具体的に決定している事項はなく、具体的な資金需要が発生し、支払時期が決定するまでは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

 

ポート(7047)IPOの業績と事業内容

業績は4年間の赤字を経てようやく黒字へ転換しています。上場準備により前期は債務整理で赤字になったのかもしれません。
 

同社はキャリア系メディア「キャリアパーク!」、ファイナンス系メディア「マネット」を主たるサービスとしています。その他、メディカル系メディア「オンラインクリニック」の運営、並びに「ポートメディカル」「ドクターズダイエット」の事業開発を進めています。
 

キャリアやファイナンス、メディカル領域においてインターネットメディアを展開し、インターネットメディアユーザーが日常生活の中で抱える悩みや疑問に対してノウハウを提供する仕組みを作っています。
 

各領域においてユーザーが求める情報を提供し続けることで、ユーザーとのリレーションシップを構築し、またユーザーのアクセスログ等からユーザーが求める情報等を入手し、新たなるコンテンツ開発等に反映しているそうです。
 

ポート(7047)IPO評判
 

「キャリアパーク!」は、就活・転職等を中心に全ての人のキャリア選択に役立つ、キャリア系情報プラットフォームです。ユーザーに対して就職・転職等に関するノウハウを提供するとともに、求人情報や就職・転職情報を掲載することで、ノウハウの取得だけではなくキャリア選択に繋がる行動を支援しています。
 

ファイナンス系インターネットメディア「マネット」は、「キャリアパーク!」で培ったメディア開発ノウハウを活かしたインターネットメディアの横展開であり、お金に関するライフサポート型メディアとして運営しています。
 

資産運用やローンへの関心の高いインターネットユーザーに対して弁護士やファイナンシャルプランナー、金融機関OBなどの専門家が監修した「増やす、借りる、貯める」等、金融に関するノウハウの提供を行っています。
 

ポート(7047)売上構成と四半期利益
 

メディカル系インターネットメディア「オンラインクリニック」は、「マネット」に次ぐ第三の領域メディアとしてリリースされたメディアです。当メディアでは医療専門チームが監修した、正しく知っておくべき病気の知識を提供しています。
 

しばらく前にテレビで見た記憶があります。時代の流れなのか専門家に自宅に居ながら情報を得ることができますね。文章だけではなく動画の提供も中にはあるそうです。
 

ポート(7047)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,450円
仮条件 1,420円~1,480円
公開価格 12月13日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約46.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約53.3億円になります。上場規模が大きく、類似企業もあるため初値人気はあまりないでしょう。
 

ベンチャーキャピタル出資が多いことが最大の懸念材料です。今年のIPOはベンチャーキャピタル出資が多い銘柄は敬遠されがちです。
 

ポート(7047)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 750,000株
売出株数 2,444,500株
公開株式数 3,194,500株
OA売出 479,100株
引受幹事 大和証券(主幹事)
SBI証券
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
岡三証券
岡三オンライン証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
丸三証券
エイチ・エス証券

 

当選を狙うなら主幹事大和証券からの申し込みは必須でしょう。幹事が多いため全力申し込みをすれば複数取れそうな気がします。あえてリスクをとる方も限定的だと思いますが、積極的に申し込めば当選するでしょう。
 

後期型抽選方式を採用しているカブドットコム証券岩井コスモ証券からの申し込みを行い、最後に購入申し込みを判断するのもよいでしょう。
 

丸三証券が12月IPO幹事を数銘柄引受けているので、口座がない方は開設しておくとチャンスがあるでしょう。
 


 

 
会社設立は2011年4月18日、本社住所は東京都新宿区西新宿八丁目17番1号、社長春日博文氏(30歳)とかなり若いようです。従業員数149人(臨時雇用者45人)、平均年齢28.6歳、平均勤続年数1.7年、平均年間給与約447万円です。
 

ポート(7047)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
春日 博文 4,619,660株 40.08%
JAPAN VENTURES I L.P. 2,440,110株 21.17%
Samurai Incubate Fund 2号投資事業有限責任組合 1,200,000株 10.41%
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 1,039,000株 9.01%
丸山 侑佑 674,740株 5.85%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である春日博文、売出人である丸山侑佑、JAPAN VENTURES I L.P.及びグローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合、並びに当社の株主であるSamurai Incubate Fund 2号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合及び吉田敦彦は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成31年3月20日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所又は証券会員制法人福岡証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。

 

ポートIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
大和証券(主幹事) 2,715,200株
SBI証券 191,600株
野村證券 95,700株
SMBC日興証券 32,000株
みずほ証券 32,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 32,000株
岡三証券 16,000株
いちよし証券 16,000株
岩井コスモ証券 16,000株
エース証券 16,000株
丸三証券 16,000株
エイチ・エス証券 16,000株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

ポートIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 1,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,500円
※仮条件発表後
 

ポートIPOの初値予想

1,400円~2,000円
 

ポート(7047)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成30年1月25日~平成37年12月25日 43,700株
発行価格218円
平成31年4月01日~平成38年3月01日 48,300株
発行価格230円
平成31年7月19日~平成39年7月18日 325,740株
発行価格230円
平成32年3月14日~平成40年3月13日 381,460株
発行価格230円

 
ロックアップは90日間(平成31年3月20日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍設定になっています。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。ベンチャーキャピタル出資が多く懸念材料があります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の11,477,150株から算出すると想定価格ベースで約166.4億円になります。
 

売上拡大で今期は赤字解消なのはいいのですが、株主構成が気になる銘柄です。似たような媒体も多くあるため評価が分かれると思いますが、初値高騰はない気がします。資金が苦しい場合は他の銘柄への投資を優先するつもりです!
 

tileltuku ポート(7047)IPO幹事決定しました!⇒ 岩井コスモ証券

※岩井コスモ証券でipoに当選するためには?ipo抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ