【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】Rebase(リベース)IPOの上場と初値予想!人気あるみたい

Rebase(リベース)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSBI証券が引受けます。
 

上場規模は約8.7億円で公開株数860,000株、オーバーアロットメント129,000株です。想定発行価格は880円になっています。
 

Rebase(リベース)IPOの上場
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日12月16日
BB期間11月30日~12月06日
企業ホームページhttps://www.rebase.co.jp/
事業の内容レンタルスペース予約プラットフォーム「インスタベース」等のサービスの提供

 

Rebase(リベース)IPOの業績と事業内容

同社はマッチングプラットフォーム事業の単一セグメントになり、主たるサービスは「インスタベース」です。
 

インスタベースは主軸サービスと位置付けられ、「人」と「空間」を繋ぐプラットフォームだそうです。
 

空いている物件やスペースを貸したい人が貸したい期間や時間帯だけスペースを提供し、スペースを使いたい人が使いたい期間や時間帯をインターネットを通じてパソコンやスマートフォンから予約することができるマッチングサービスです。
 

Rebase(リベース)IPO業績推移
 

Rebase(リベース)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格880円
仮条件880円~920円
公開価格12月07日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約7.6億円です。オーバーアロットメントを含めると約8.7億円になります。
 

業績も小さめですけど吸収金額が低くてよ人気がありそうです。
 

Rebase(リベース)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数200,000株
売出株数660,000株
公開株式数860,000株
OA売出129,000株
引受幹事SBI証券(主幹事)
野村證券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岩井コスモ証券
岡三証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
委託見込岡三オンライン証券

 
取り合えず全力で当選を狙ってよさそうです。利益は少ないと思いますけど魅力がある銘柄が少ないため獲得を狙います。
 

リベースの会社設立は2014年4月08日、本社住所は東京都渋谷区神宮前四丁目26番18号、代表は佐藤海氏(32歳)です。※2022年11月27日時点
 

従業員数は27人(臨時雇用者3人)、平均年齢33.3歳、平均勤続年数2.3年、平均年間給与約691万円です。
 

Rebase(リベース)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社elpido1,540,000株32.18%
佐藤 海1,160,000株24.24%
髙畠 裕二704,000株14.71%
株式会社El Monte Garage396,000株8.28%
SBIベンチャー投資促進税制投資事業有限責任組合133,000株2.78%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップ180日間(2023年6月13日)までと90日間(2023年3月15日)までがあります。90日間分は発行価格1.5倍でロックアップ解除です。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SBI証券(主幹事)731,300株85.03%
野村證券77,400株9.00%
SMBC日興証券17,200株2.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券8,600株1.00%
岩井コスモ証券5,100株0.59%
岡三証券5,100株0.59%
東洋証券5,100株0.59%
松井証券5,100株0.59%
マネックス証券5,100株0.59%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,500円~2,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,500円~1,800円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

リベースの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,600円~2,100円
修正値1,500円~1,850円
 

売上がコロナ禍でも衰えることなく増収となっていることで需要が多そうです。2023年3月期は売上10.83億円で四半期利益が1.30億円予想です。前期利益を900万円程下回る予想となっています。
 

新奇性はすでにありませんけど人気が見込まれています。VC出資があることには注意が必要です。単価が低いため公募組も手掛けやすそうです。
 

Rebase(リベース)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2023年3月31日~2031年3月30日330,000株
発行価格150円
2023年10月20日~2031年10月19日33,000株
発行価格150円
2024年6月30日~2032年6月29日22,000株
発行価格280円

 
ロックアップは180日間と90日間で90日間分に1.5倍解除設定です。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。行使期限に入る株式はありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の4,600,000株から算出すると想定価格ベースで約40.5億円になります。
 

上場ラッシュで初値2倍は厳しいかもしれませんが、意外に評価が高いようです。IPOチャレンジポイントは考え中です。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ