【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】オープンワークIPOの上場と初値予想

オープンワーク(5139)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約37.8億円で公開株数1,126,900株、オーバーアロットメント169,000株です。想定発行価格は2,920円になっています。
 

オープンワークIPOの上場
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日12月16日
BB期間12月01日~12月07日
企業ホームページhttps://www.openwork.co.jp/
事業の内容転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」の開発・運用業務を含むワーキングデータプラットフォーム事業

 

オープンワーク(5139)IPOの業績と事業内容

同社は「ひとりひとりが輝く、ジョブマーケットを創る。」というミッションのもと、個人が投稿した社員クチコミを基盤とするワーキングデータプラットフォーム事業を運営しています。
 

社員クチコミを中心とした転職・就職のための情報サイト「OpenWork」運営企業です。
 

OpenWorkは他のユーザーによって投稿された「ワーク・ライフ・バランス」など8個のカテゴリーで整理されている社員クチコミ、「20代成長環境」など8個の項目ごとにレーダーチャートで表示されている評価スコア、
 

「月間残業時間」などの数値データから会社の評判を調べることができます。
 

オープンワーク(5139)IPOの業績推移
 

オープンワーク(5139)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,920円
仮条件2,920円~3,150円
公開価格12月08日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約32.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約37.8億円になります。
 

大手情報では公開価格割れはない判断みたいですね。しかし上値も重たいようです。12月ラッシュ前半のIPOなので参加か?
 

オープンワーク(5139)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数500,000株
売出株数626,900株
公開株式数1,126,900株
OA売出169,000株
引受幹事野村證券(主幹事)
SBI証券
マネックス証券
アイザワ証券
岩井コスモ証券
岡三証券
松井証券
丸三証券
委託見込岡三オンライン証券

 
業績好調なので公開価格は割れないと思っています。ただ先行企業があるため新味はないようです。
 

上場ラッシュじゃなければ買われたでしょうけど厳しいかもしれません。1割程度上昇すれば良いのかも?
 

オープンワークの会社設立は2007年6月18日、本社住所は東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア、社長は大澤陽樹氏(37歳)です。※2022年11月20日時点
 

従業員数は81人(臨時雇用者10人)、平均年齢31.3歳、平均勤続年数3.01年、平均年間給与約606万円です。
 

オープンワーク(5139)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社リンクアンドモチベーション2,730,000株56.98%
増井 慎二郎1,570,000株32.77%
小倉 基弘200,000株4.17%
川島 浩治90,000株1.88%
小澤 博之50,000株1.04%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2023年3月15日)までになりロックアップ解除設定はありません。親会社がリンクアンドモチベーションになります。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)1,059,700株94.04%
SBI証券22,500株2.00%
マネックス証券11,200株0.99%
アイザワ証券6,700株0.59%
岩井コスモ証券6,700株0.59%
岡三証券6,700株0.59%
松井証券6,700株0.59%
丸三証券6,700株0.59%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,000円~3,350円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,200円~3,500円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

オープンワークの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,000円~3,500円
修正値-円~-円
 

業績に問題はないが吸収金額が大きくIPOでは初値が飛ばない可能性が高そうです。
 

上場ラッシュでは買われない可能性があるようですね。ただ意外にIPOの地合いが良好なので面白いかも?と考えています。
 

もっと大手企業がいるため同社株を買う理由はたいしてないかもしれません。上場規模が最大で40.8億円に上振れし手掛けにくさもあります。知名度だけで買われるのは厳しいか?
 

オープンワーク(5139)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年1月01日~2028年12月01日25,800株
発行価格2,500円
2022年1月01日~2029年11月28日24,500株
発行価格2,500円
2022年1月01日~2029年11月28日6,400株
発行価格2,500円
2023年1月01日~2030年10月30日84,680株
発行価格2,500円
2024年1月01日~2031年8月31日11,040株
発行価格2,500円

 
ロックアップは90日間で解除倍率なし、ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。56,700株が行使期限入りしています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の5,140,000株から算出すると想定価格ベースで約150.1億円になります。
 

企業規模は大きいためしっかりとした初値が見込まれています。
 

ただ株価設定が高いため公開価格前後の発進でしょう。PERは35.8倍と類似企業比較で妥当なところにありそうです。下を見ればPER10倍台の銘柄もあります。
 

微妙なIPOが多いので利益が出ている企業に投資したいです!
 

スマートプラスに口座開設するだけで5,000円分の株式が貰えます。スマートフォンに特化したサービス展開になり、株式売買手数料も無料です!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ