【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】スカイマークIPOの上場と初値予想!駄目かもね

スカイマーク(9204)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、BofA証券が引受けます。
 

上場規模は約367.5億円で公開株数27,789,400株、オーバーアロットメント4,168,400です。想定発行価格は1,150円になっています。
 

人気は限定で気でしょうね。個人投資家はスルーの方が多そうです。コロナも同じことを第8波で繰り返しそうですよね。
 

スカイマークIPOの上場と初値予想
 

業 種空運業
上場市場グロース市場
上場日12月14日
BB期間11月28日~12月02日
企業ホームページhttps://www.skymark.co.jp/ja/
事業の内容定期航空運送事業等

 

スカイマーク(9204)IPOの業績と事業内容

スカイマークは長らく大手数社の寡占により運賃が高止まり状態にあった航空業界に競争原理を起こすべく設立された航空会社です。
 

航空運送事業での競争状態の創出に貢献し、効率的な航空機への転換、運航路線の拡充に努め、世界有数の市場規模を誇り、寡占的な構造を持つ日本の国内航空市場において、国内航空会社の第三極として航空運送事業での足場を固めています。
 

現在は、北は北海道から南は沖縄県・宮古まで12空港・23路線・1日当たり150便の運航(2022年冬ダイヤ、2022年10月時点)をボーイング737-800型機で行っています。
 

スカイマーク業績
 

スカイマーク(9204)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,150円
仮条件1,150円~1,170円
公開価格12月05日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約319.6億円です。オーバーアロットメントを含めると約367.5億円になります。
 

大栄環境のIPOと日程が被っているため厳しそうです。割れないかもしれませんが厳しい船出のような気がします。
 

スカイマーク(9204)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数13,043,400株
国内募集株式6,521,700株
海外募集株式6,521,700株
売出株数14,746,000株
国内売出株式5,288,800株
海外売出株式9,457,200株
公開株式数27,789,400株
OA売出4,168,400株
引受幹事大和証券(共同)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同)
BofA証券(共同)
SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
岡三証券
東海東京証券
丸三証券
水戸証券
あかつき証券
委託見込岡三オンライン証券
DMM.com証券

 
気が向いたら参加する程度に考えています。ベンチャーキャピタル保有株の売出し案件なのでどうでしょうね。
 

公募も行われ新機材導入関連投資や借入金返済に充当されます。再上場なので投資家から見れば本当に大丈夫か?また右肩下がりの株価じゃないか?と思うでしょう。
 


 
スカイマークの会社設立は1996年11月12日、本社住所は東京都大田区羽田空港三丁目5番10号、社長は洞駿氏(75歳)です。洞駿氏はうちはLLCではないと言っているようです。※2022年11月12日時点
 

従業員数は2,365人、平均年齢37.14歳、平均勤続年数8.83年、平均年間給与約545万円です。
 

スカイマーク(9204)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
インテグラル2号投資事業有限責任組合20,300,700株42.93%
UDSエアライン投資事業有限責任組合15,793,524株33.40%
ANAホールディングス株式会社7,802,190株16.50%
Integral FundⅡ(A)L.P.2,244,300株4.75%
インテグラル2号SS投資事業有限責任組合1,145,286株2.42%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年6月11日)で解除倍率設定なしです。インテグラルはコロナ禍を乗りきり上場させたと感心します。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(共同)5,911,600株44.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同)5,911,600株44.00%
BofA証券(共同)354,400株3.00%
SMBC日興証券180,700株1.53%
みずほ証券180,700株1.53%
野村證券180,700株1.53%
SBI証券95,600株0.81%
松井証券95,600株0.81%
マネックス証券95,600株0.81%
楽天証券95,600株0.81%
岡三証券31,900株0.27%
東海東京証券31,900株0.27%
丸三証券31,900株0.27%
水戸証券31,900株0.27%
あかつき証券10,600株0.09%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,100円~1,300円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,170円~1,250円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

スカイマークの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,100円~1,400円
修正値1,150円~1,250円
 

結局はVCの出口案件のため公開価格前後で発進すればOKみたいですね。
 

消極的にブックビルディングに参加しておきたいと思います。利益を狙うのであれば5月の決算速報を見てからでも良いと思います。
 

優待がある訳でもないため気楽にBBしたいと思います。公開価格を超えるのか微妙ですからね。
 

スカイマーク(9204)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
なし-株
発行価格-円

 
ロックアップは180日間で解除倍率なし、新株予約権もありません。ただ大量にVCが株式を握っています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の60,329,400株から算出すると想定価格ベースで約693.8億円になります。
 

初値利益は厳しい印象です。EPS176.11なのでPERは6.5倍と低いようです。それでも完全回復していない地合いが怖いです。
 

上手く上場できればいいけど公開価格割れも視野に入れておきましょう。同日上場の大栄環境も割れる可能性があるようですね。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ