【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトはPR記事を含みます

【評価】トランザクション・メディア・ネットワークスIPOの上場と初値予想

トランザクション・メディア・ネットワークス(5258)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約114.9億円で公開株数11,351,200株、オーバーアロットメント1,702,600株です。想定発行価格は880円になっています。
 

当選しやすいとIPOが登場しました。
 

トランザクション・メディア・ネットワークスIPOの上場
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日4月04日
BB期間3月16日~3月23日
企業ホームページhttps://www.tm-nets.com/
事業の内容電子マネーを中心としたキャッシュレス決済サービスやそれに伴う決済端末の販売、関連する開発等

 

トランザクション・メディア・ネットワークス(5258)IPOの業績と事業内容

主に流通業の事業者を顧客とし、複数のキャッシュレス決済事業者と加盟店をつなぎ、あらゆるキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供するゲートウェイサービスを行います。
 

また、それに伴う決済端末の販売や関連する開発等を提供します。
 

同社は「クラウド(シンクライアント)型電子決済」を国内で初めて商用化した企業です。
 

決済サービスをクラウド化したことで、それまで店舗に複数台設置されていた決済ブランド毎の決済端末を1台に集約することが可能となっています。
 

複雑な複数層のネットワークの簡素化による障害箇所の低減や、決済情報をデータベース化の上、一元管理することによる保守性の大幅改善等を実現したそうです。
 

トランザクション・メディア・ネットワークスIPOの業績
 

トランザクション・メディア・ネットワークス(5258)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格880円
仮条件880円~930円
公開価格3月24日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約99.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約114.9億円になります。
 

4月IPOで続く銘柄が現時点で出ていないため吸収できそうです。業績予想も調子が良いみたいですからね!
 

トランザクション・メディア・ネットワークス(5258)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数5,971,700株
売出株数5,379,500株
公開株式数11,351,200株
OA売出1,702,600株
引受幹事野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
東海東京証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
岩井コスモ証券
委託見込DMM.com証券(PR)
auカブコム証券

 
当選しやすそうなので狙いに行くと思います。2024年3月期の四半期利益が7.05億円予想になっています。2023年3月期の80.8%増は勢いがあります。
 

トランザクション・メディア・ネットワークスの会社設立は2008年3月03日、本社住所は東京都中央区日本橋二丁目11番2号、社長は大高敦氏(53歳)です。※2023年3月05日時点
 

従業員数は251人(臨時雇用者61人)、平均年齢41.5歳、平均勤続年数4.4年、平均年間給与約685万円です。
 

トランザクション・メディア・ネットワークス(5258)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
三菱商事株式会社11,494,500株34.03%
トヨタファイナンシャルサービス株式会社4,508,000株13.35%
株式会社NTTドコモ3,225,000株9.55%
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ2,000,000株5.92%
三井住友カード株式会社1,904,500株5.64%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2023年7月02日)で解除倍率設定なしになります。三菱商事とトヨタファイナンシャルサービスの共同出資でできた企業だそうです。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)10,216,100株90.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券227,000株2.00%
SMBC日興証券227,000株2.00%
東海東京証券170,300株1.50%
SBI証券170,300株1.50%
楽天証券113,500株1.00%
松井証券113,500株1.00%
岩井コスモ証券113,500株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 900円~1,200円
※ファーストインプレッション

第二弾⇒ 1,000円~1,200円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

トランザクション・メディア・ネットワークスの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,000円~1,200円
修正値1,200円~1,400円
 

三菱商事とトヨタファイナンシャルサービスの共同出資で設立された企業で株主名簿に有名企業が並ぶ。これだけでも材料になりそうだ。
 

今期業績は増収増益になり2022年3月分の赤字を解消できそう。繰越欠損金を抱えているため2023年3月期は税金の支払いが少なくて済むでしょう。
 

東証プライム市場に昇格することも視野に入れ中長期的に投資を行う方もいそうです。初値売りは限定される可能性もありそうです。機関投資家も参加する優良なIPOになる可能性があります。
 

結局は上場規模が大きいため個人投資家はついていくしかない。地合いが悪ければセカンダリーで追加で買う方法有効か。ただ株価設定は高い!
 

時価総額342.9億円、上場による吸収は約121.4億円になる。PERは48.6倍と高い印象。競合比較ではまだ安いか?
 

トランザクション・メディア・ネットワークス(5258)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2022年10月31日~2027年10月30日963,800株
発行価格469円
2024年11月15日~2029年11月14日69,300株
発行価格1,200円
2025年7月01日~2032年12月02日1,846,400株
発行価格1,212円

 
ロックアップは980日間で解除倍率設定なし、ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

963,800株が行使期限に入るようですね。想定発行価格が880円なのでストックオプションよりも低いようです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の36,872,500株から算出すると想定価格ベースで約324.5億円になります。
 

規模が大きなIPOだけど何とかなると考えています。多少利益見込みがあると思います。キャッシュレス決済サービスの旬は過ぎていると思いますけどね。
 

tileltuku 平幹事でも完全抽選で当選期待あります⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ