【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

【IPO承認】ウネリー(unerry)の上場と初値予想まとめ!

ウネリー(unerry)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約6.3億円で公開株数467,600株、オーバーアロットメント70,100株です。想定発行価格は1,170円になっています。 

ウネリー(unerry)IPOの初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日7月28日
BB期間 7月12日~7月19日
企業ホームページhttps://www.unerry.co.jp/
事業の内容人流データによるビッグデータプラットフォームの運営、小売・メーカー・自治体へのデータ分析や広告サービスの提供

 

ウネリー(unerry)IPOの業績と事業内容

同社はリアル行動ビッグデータプラットフォーム「Beacon Bank®」(特許取得)を運営し、1.1億IDのGPSデータ・ビーコンデータにより、屋外と屋内の行動を把握しています。
 

2022年5月時点で、月間300億件以上のログ、210万個のビーコンと反応した網羅的なデータを保有しています。
 

リアル行動ビッグデータプラットフォーム「Beacon Bank®」は、ビーコンをシェアするという新たな発想により構築されたものであり、国内においてオープンプラットフォームで大規模なビーコンネットワークを構築しています。
 

同社が構築したネットワークの特徴は、生活者の行動をリアルタイムに捉えることが可能だそうです!
 

ウネリー(unerry)IPOの業績推移
 

ウネリー(unerry)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,170円
仮条件1,170円~1,290円
公開価格7月20日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約5.5億円です。オーバーアロットメントを含めると約6.3億円になります。
 

上場規模が低いIPOが続くため良い環境です。しかもかなり人気が予想されるIPOなので今回は初値持越しも期待できそうですね!
 

同日上場のHOUSEIよりも期待できそうです。
 

ウネリー(unerry)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数140,000株
売出株数327,600株
公開株式数467,600株
OA売出70,100株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
楽天証券
岩井コスモ証券
松井証券
極東証券
マネックス証券
丸三証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
業績が急拡大しているため上場タイミングも良いようです。売上は増収を維持しています。
 

売上規模はまだまだだ小さめですけど勢いを感じます。SMBC日興証券主幹事なので当選を狙いたいと思います。坪田ラボとマイクロ波化学は当選できています!
 


 
ウネリーの会社設立は2015年8月20日、本社住所は東京都港区虎ノ門一丁目17番1号虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階、社長は内山英俊氏(46歳)です。※2022年6月27日時点
 

従業員数は38人(臨時雇用者0人)、平均年齢34.6歳、平均勤続年数2.0年、平均年間給与約596万円です。
 

ウネリー(unerry)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
内山 英俊1,256,000株34.58%
株式会社UC AIR528,000株14.54%
三菱商事株式会社303,200株8.35%
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合280,000株7.71%
CQベンチャーズ株式会社226,000株6.22%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年1月23日)までになっています。ベンチャーキャピタル4社には90日間(2022年10月25日)までのロックアップと解除倍率が発行価格1.5倍になっています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)421,200株90.08%
SBI証券18,700株4.00%
みずほ証券11,600株2.48%
いちよし証券2,300株0.49%
楽天証券2,300株0.49%
岩井コスモ証券2,300株0.49%
松井証券2,300株0.49%
極東証券2,300株0.49%
マネックス証券2,300株0.49%
丸三証券2,300株0.49%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,700円~2,700円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,000円~2,600円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ウネリーの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~2,500円
修正値2,500円前後
 

7月上場のなかでは一押しのIPOなので人気だと思います。それに仮条件の上限が上がり吸収金額が6.9億円になりました。需要観測ではかなり人気があると考えています。
 

個人投資家頼みのIPOだけど人気化する予想が出ています。人流データが新型コロナウイルス感染症で需要が高まっているため初値2倍位程度が見込まれています。
 

欲しいIPOだけど株数が普通なので人気が集中しそうですね。当選できればラッキーと考え申込みしたいと思います!1単元10万円は抜けそうですね。
 

ウネリー(unerry)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2018年6月29日~2028年6月28日4,800株
発行価格928円
2018年6月29日~2028年6月28日7,200株
発行価格928円
2020年6月29日~2028年6月28日24,000株
発行価格910円
2020年4月15日~2030年4月14日180,000株
発行価格519円
2020年4月15日~2030年4月14日4,000株
発行価格519円
2022年4月15日~2030年4月14日85,600株
発行価格503円
2020年6月29日~2030年6月28日14,000株
発行価格519円
2022年6月29日~2030年6月28日400株
発行価格503円
2023年6月15日~2031年6月14日37,240株
発行価格963円

 
ロックアップは180日間と90日間です。90日分にベンチャーキャピタル分が発行価格1.5倍で解除されます。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。32万株が行使入りするようです。ボチボチありますね。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の3,526,400株から算出すると想定価格ベースで約41.3億円になります。
 

上場規模が小さいため投資家が殺到しそうなIPOです。でもVC出資があるので気を付けたいですね。
 

公募組はIPOに当選すれば10万円くらい利益が期待できるかもしれません。欲しいIPOですね~
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ