IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモIPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
トライオートFXでタイアップ特典が付きました!最大3,456円のキャッシュバック増額に期間限定でチュートリアル本がさらに付いてきます。

同時に7月17日まで三大際も開催中なのでキャッシュバックが増えます

トライオートFXバナー

特典付きトライオートFX公式サイト(チュートリアル本付き)


エブレンIPOとグッドパッチIPOの幹事配分と大手初値予想

エブレン(6599)とグッドパッチ(7351)についてい幹事配分を調べました。また大手予想が更新されているためその数値も調べています。
 

まずジャスダックに上場予定のエブレンですが初値予想が上場承認時よりも上方修正されているためかなり人気なことがわかります。
 

エブレンIPOの幹事配分と大手初値予想
 

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)264,900株98.15%
いちよし証券2,500株0.93%
マネックス証券2,500株0.93%

 
幹事は3社なので申し込める企業も限定的でした。既に抽選結果が出ているため確認してみると全て落選でした。株数が少ないため当選するのは難しかったと思います。
 

でも当選者がいるので羨ましいです。どうやったら当選するんだろ?と考えちゃいます。
 

https://twitter.com/9MA9MAsan/status/1273603439709188097
 
他にもいらっしゃったので強者がたくさんいますね。次は何とか獲得できれば嬉しいです!申し込み続けるしかありませんね。
 

大手初値予想は1,500円~2,500円という数値でしたが、上方修正され2,500円~3,000円になっています。需給が逼迫するそうなので初値2倍超え期待が出てきました。詳しくは承認記事をご覧ください。
 
エブレン上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

しかし新興株のようなイケイケのイメージはないため高値圏では警戒したほうが良いのかもしれません。配当が18円出るそうです。この時期に配当で買う人はいないでしょう。PERは9.61倍と低くPBRは0.59倍です。
 

少し地味な企業に感じるので初値2倍くらいでしょうか?ただ野村證券主幹事だと売りが極端に少ない時があるので上場初日は初値付かずになる可能性もあるかもしれません。
 

業績面は横ばいです。幅広い業界との付き合いがあることで安定した利益を維持できるようです。
 

販売先は2020年3月期で通信機器15.4%、電子応用装置11.2%、電気計測器49.1%、交通関連装置17.5%、防衛・その他6.7%です。昨今は半導体企業への売上が増えているそうです。
 

SBIネオモバイル証券でSBI証券主幹事の「Branding Engineer」取扱いが発表されました。申込みが6月30日からなのでまだ時間的余裕がありそうです。口座の準備は出来ていますか?
 


 

グッドパッチIPOについて調べた結果!幹事配分と初値予想

グッドパッチ(7351)のIPOについて調べてみました。こちらは上方修正というよりも価格帯を絞ってきた感じです。
 

ベンチャーキャピタル保有株が多く懸念されているようです。ロックアップ1.5倍の1,035円から少し上の価格で攻防が繰り広げられる感じみたいです。
 

グッドパッチIPOの大手初値予想
 

幹事団引受け株数割合
大和証券(主幹事)594,000株90.03%
SBI証券65,800株9.97%

 
グッドパッチも抽選結果が出ています。当選期待はありましたが見事に落選しています!SBI証券のIPOチャレンジポイントだけ1P頂きました。これで440Pくらい貯まったと思います。何年間貯めたのか忘れました。
 

大手予想は承認段階で1,400円~2,000円でした。その後修正値され1,400円~1,800円に絞り込まれています。ネット情報ではF社が上限1,200円くらいのようです。とにかく公募組は初値が1.5倍~2倍になる予想です。
 

株価設定が低いためあまり儲からない感じですけど、IPOに当選すれば利益が出るのでIPOは最強の投資でしょう。今回のIPOで3銘柄当選となった方もネットで拝見しました。どうなっててるの?
 

グッドパッチの業績は2020年8月で増収減益になるそうです。詳しくは上場承認記事をご確認ください。
 
グッドパッチ上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

事業はこれから伸びるそうなので短期投資よりも長期投資が良いのかも?新奇性ある初物IPOになるそうなのでセカンダリー投資が面白いのかもしれません。ただVC保有株が269万5180株もあるそうなのでしばらくもめそうですね。その後上向けば羽ばたく株なのかもしれません。
 

買方が負けたら逆にVCの売りで下落する可能性があります。公開価格を割るようなことはしばらくないと思いますけど、VC保有が多いと上値を押させられることがあるので出来高と価格帯を確認しないとセカンダリーは怖いですね。
 

またイークラウドという株式投資型クラウドファンディングで新しい企業が登場しました。なんと大和証券グループと連携しているビッグニュースです!
 

大和証券はIPOの主幹事を行うことも多いため将来IPOを行う候補に期待できそうです。ベンチャーキャピタル出資も行う企業ですからね。業績が伸びる前に株主になっていれば大きな利益になるかもしれません。
 

ベンチャー企業投資で大きな利益を得る可能性! 大和証券グループ連携
⇒ イークラウド

イークラウド

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ