DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモIPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ユニコーンに新規口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,500円分が貰えます。「unicorn9」というキャンペーンコード入力で500円が当サイト限定で上乗せ!!

ユニコーンAmazonギフト券1,500円キャンペーン


ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!


キオクシアホールディングス(6600)は公開価格割れ?営業電話が殺到中

キオクシアホールディングス(6600)は公開価格割れする可能性が出てきました。IPOを専門に行っている投資家は全スルーかもしれません。
 

事前報道にあったように3兆円規模の上場ではなく2.1兆円に抑えたことで需給の心配はある程度ないと伝わっています。海外の上場に比べると株価設定が高いそうなので仮条件設定も気になります。
 

キオクシアホールディングス(6600)は公開価格割れ
 

半導体事業と言えば設備投資が莫大な金額になります。装置が1台数億円なんて当たり前の世界ですよね。しかもエラー製品が出るため作った商品が全て製品にはならない世界です。
 

日本の半導体事業では大手で有名企業になるため株価設定も高めです。市場からの吸収額は約3,783億円になります。
 

この規模であれば東証1部への直接上場以外考えられません。キオクシアホールディングスの前身は旧東芝メモリになります。製品はフラッシュメモリー関連製品を製造・販売しています。
 

アメリカ半導体大手のウエスタンデジタル・グループとも製造合弁契約を結び世界的に有名な企業です。製品は「SSD&ストレージ」「スマートデバイス」などを専門に作っている企業です。
 

大手初値予想は想定発行価格3,960円の状態で3,800円~4,000円になっています。公開価格割れ濃厚だと思います。
 

またブックビルディング前にも関わらず営業の電話がかかっている投資家が多数いるそうです。お断りしたいところでしょうけど、ソフトバンクPOやアサヒグループホールディングスPOで利益を出せた方も多いためお付き合いしないと今後の配分期待は見込めないでしょうね。
 

東芝とベンチャーキャピタル売出し株が多いため難しいIPOです。海外販売も多いと思いますけど日本国内ではあまり人気があるような感じではありません。
 

店頭系企業が幹事引受けを猛打しているため公開価格割れだけは避けたいと思っていることでしょう。ギリギリ公開価格割れしないことを願いたいと思います。シンジケートカバーで初値成立なのかもしれませんね。詳細は下記でまとめました!
 
キオクシアホールディングス(6600)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

ダイレクトマーケティングミックス(DmMiX)も公開価格割れなのか?

ダイレクトマーケティングミックスは変化があったようです。みずほ証券が事前配分を変更してSMBC日興証券に上乗せされたようです。
 

幹事配分率が変更されていると言うことです!なんだか嫌な感じですよね。
 

ダイレクトマーケティングミックス(DmMiX)も公開価格割れ
 

みずほ証券は3,530,600株の予定が1,544,800株に変更になっています。このような事態なので申込み投資家が少ないと思っているのでしょうか?疑問です。
 

もしくは他の主幹事案件で忙しいのか?公開株式をさばくことができれば手数料収入が見込めるはずなんですけどね。
 

モーニングスターのレポートでは需給に大きな問題はないと書かれているようです。マジか?ただファンド売出し案件になるため不安はあるそうです。詳細は下記でまとめています
 
ダイレクトマーケティングミックス(DmMiX)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

キオクシアホールディングスとダイレクトマーケティングミックスは無理に当選を取りに行かなくてもよいIPOだと思いました。明日上場する雪国まいたけ(1375)が公開価格割れせずプラス1割高程度の初値を付ければ事情が変わって来そうです。
 

ダイレクトマーケティングミックスの初値予想は公開価格5%前後になるそうです。投資先としてコンタクトセンター系は嫌いなので多分参加しないともいます。
 

ただコロナ禍で自宅にいる方が多いため事業収入は期待できるそうです。光通信との関係もあり初値期待は難しいと思います。
 

何しろ事業が成熟していることでインパクトがありません。コールセンター内で新型コロナ感染症が出れば大打撃になる可能性もあります。色々と工夫しているようなので大丈夫だと思いますが投資家がどう考えるかでしょう。
 

それに来期で新型コロナ感染症のワクチンができれば同社の売上げが落ちる怖さもあります。現在のところ業績の追い風を受けている状態です。
 

DMM.com証券がついにIPO株を取り扱う! 限定キャンペーンが凄い
⇒ DMM.com証券(DMM株)公式

DMM.com証券(DMM株)案内

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ