IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
SBIネオモバイル証券で「ひとかぶIPO」サービスが開始されます!1株からIPO抽選に参加できるチャンスなので詳細を記事でまとめました。

SBIネオモバイル証券ひとかぶIPO記事


マクアケIPOとSOSiLA物流リートの幹事配分と業績予想

マクアケIPOは話題性が先行し投資家の買い意欲が高いようです。しかもIPOに当選しやすいため公募組は利益を出せるチャンスのようです。地合いの急変があると上場規模が大きいため期待が薄れるでしょう。
 

それでも公開価格を割れるような事はなさそうです。プロサッカー選手の本田圭佑氏がファンドを立ち上げその代表を行うKSK ANGEL FUND LLCの保有場13.71%と大きいようです。ロックアップは1.5倍の2,325円になりそうなので少し警戒ですね。
 

マクアケIPO幹事配分と初値予想
 

幹事団 引受け株数 割合
大和証券(主幹事) 2,316,100株 91.01%
みずほ証券 101,800株 4.00%
SBI証券 50,900株 2.00%
SMBC日興証券 25,400株 1.00%
マネックス証券 25,400株 1.00%
岩井コスモ証券 25,400株 1.00%

 
幹事配分も出たので確認をしてみると株数が多いため平幹事でも当選が狙えそうです。利益があまり見込めないかもしれないのでSBI証券のIPOチャレンジポイント枠当選は狙い目かもしれません。それに上場日程で単独上場なのは資金分散がなくて良さそうですね。
 

マネックス証券の引受け株数が25,400株あるので大和証券の次に当選しやすそうです。幹事構成から申し込みやすいため獲得に向けて頑張りたいと思います。
 


 
今期2020年9月の本決算を確認する売上が21.87億円予想なので前期の13.44億円から62.72%も増加するそうです。経常利益が4.76億円予想になり前期の1.27億円から3.75%の増加ですね。マザーズの中でも急成長株として買われそうです。
 

仮条件上限の1,550円からPERを計算してみると50.50倍、PBRは8.01倍あたりになるようです。PERから割高なので初値2倍にはならないでしょう。やはり目指すところはロックアップが解除される1.5倍の2,325円付近でしょうね。
 

最新の初値予想は2,000円~2,500円です。
 

株主の堀越宝世氏は市川海老蔵氏の本名になるそうです。調べると200,000株(1.83%)を保有しています。本田圭佑氏の名前もあり個人投資家うけは良さそうです。マクアケIPOについては上場承認記事でまとめています。
 

⇒ マクアケ(makuake)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

SOSiLA物流リートIPO初値予想と幹事引受け口数状況!

SOSiLA物流リートIPOが公募割れから利益が出っるような状況に変わってきているようですね。油断はできませんがまとめてIPOに当選すれば数万円の利益が出そうな雰囲気です。
 

分配利回りが既存リートよりも高めに設定されている事や格付けを既に取得していることなどが関係あるようです。信用格付けは「A+」で安定的とされています。
 

これまで公開価格を割ってきたリート市場が最近過熱化しているため恩恵はあるのかもしれません。
 

SOSiLA物流リートIPO幹事引受けと大手初値予想
 

幹事団 引受け株数 割合
SMBC日興証券(主幹事) 292,200口 60%
大和証券 121,750口 25%
みずほ証券 38,960口 8%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 24,350口 5%
野村証券 9,740口 2%

 
純資産総額を表すNAVも1倍を下回るそうなので普通に考えたら買いですよね。しかも物流施主体型リートになるため買われる可能性が高いようです。
 

問題は上場日がALiNKインターネットテクノフレックスと上場日が同日ということくらいです。SOSiLA物流リートの上場規模は526.7億円と大きなサイズですが何とかなりそうです。
 

ファンドが組み入れを行えばサイズ的には問題ないでしょう。分配金は2020年算出で4,880円~4,898円くらいになるようです。この数値には利益超過分の422円(2回分)が含まれています。
 

初値予想的には105,600円~125,000円を目指す展開が期待できるようです。これまで公開価格割れし続けていたリートへ投資を行う投資家も少ないかもしれませんけれど私は少し参加してみます。割れたらまた1年以上保有すれば利益にかわるでしょうからね。
 

リート指数も2,200ポイントあたりにあるため持ち直してきています。マクアケとSOSiLA物流リートのどちらもIPO当選を狙う形になりました。それにテクノフレックスも当選狙いで申し込みを行っています。
 

微妙に不安なんですけど市場の状況は悪くないと判断しました。詳細記事は上場承認記事で待てめています。
 

⇒ SOSiLA(ソシラ)物流リート投資法人上場とIPO初値予想【住友商事系で人気か】
 

また復活キャンペーンになりますがSAMURAI証券の口座開設だけで1,000円貰えるキャンペーンが始まりました。前回よりもギフト券が増えているのソーシャルレンディング投資を考えていた方にはチャンスでしょう!
 

詳しくは下記記事でまとめています。投資の種類などについても詳細を書いています。
 


 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ