DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
イークラウドで口座開設するとAmazonギフト券1,000円貰えます!

イークラウド


QDレーザ(6613)とアールプランナー(2983)の幹事配分と大手予想!

QDレーザ(6613)とアールプランナー(2983)の幹事配分がわかりました。また事前人気を確認したところ、どちらも初値利益が出ると予想されています。
 

意外だったのはQDレーザに買いが殺到する予想が出ていたことです。単価が低いため複数株当選を狙いたいと考えています。というか複数配分配分濃厚だと思っています!
 

QDレーザ(6613)幹事配分
 

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(共同主幹事)11,484,800株84.70%
SBI証券(共同主幹事)1,898,300株14.00%
岩井コスモ証券67,800株0.50%
水戸証券67,800株0.50%
極東証券40,700株0.30%

 
SMBC日興証券引受けが84.70%なので当選が狙え得ると思います。ネット抽選でも当選確率が高いと思います。
 

新規口座開設だと3ヶ月間はブロンズステージなので、より当選期待ができるかもしれません!
 


 
SBI証券よりもかなり高い当選確率でしょう。店頭口座だと複数配分の期待があるため主幹事からの申込みは必須だと思います。300株くらいは当選したいと考えています。
 

岩井コスモ証券は後期型抽選を採用しているため忘れないように抽選参加しておきましょう。
 

水戸証券と極東証券は店頭口座からしかIPOに参加できないためご注意ください。店頭口座だと貰える可能性が高そうですね。
 

ただし手数料が割高になるため利益で手数料分の利益が出るのか少し微妙かもしれません。店頭口座(対面口座)の手数料は高いですからね。
 


 
当選チャンスなので積極的に利益を狙いたいと思います。初値予想は340円~500円になっています!ここからさらに引き上げられると予想しています。
 

ロックアップが外れる公開価格1.5倍を超えてくるようですからね!QDレーザの詳細記事は下記でまとめています。

QDレーザ(6613)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

アールプランナー(2983)の幹事配分を調べてみました!野村一択ですね

アールプランナーは再承認で評価が少し低いようです。しかし利益は5万円以上見込めるようです!
 

アールプランナー(2983)幹事配分
 

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)364,000株91.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券12,000株3.00%
みずほ証券12,000株3.00%
SBI証券12,000株3.00%

 
野村證券を逃すと当選する確率がかなり下がると思います。公開株数がOAを含めて46万株なので株数も少なく売り圧力が少ないと感がています。
 

2021年になりましたが日経平均も高値が続いているため初値期待ができると思います。再承認でも悲観的になる投資家が少ないため初値3,000円くらいは期待ができるのではないでしょうか?
 

IPOに当選すれば10万円くらいの利益期待があると思います。新型コロナウイルス感染症により緊急事態宣言が出ても株式市場は上げていますからね。
 

アメリカの政策期待でNYダウ平均も底堅く推移しています。ここからどうなるのかわかりませんけどIPOは期待できるでしょう!少々地合いが変化しても毎回資金流入となりますからね。
 

アールプランナーの詳細記事は下記でまとめています。大手初値予想は2,500円~3,000円となっています。

アールプランナー(2983)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

IPO投資は市場が崩れても資金が集中することが多々あるため、利益狙いの投資でも公募組はリスクが低いと思います。このため投資家が殺到していますよね。
 

新しくSBIネオトレード証券がIPOに加わりました。ライブスター証券を買収してSBIグループに入っています。IPO取扱い数が急激に増えているため個人的にも期待できるのでは?と感がています。
 

口座開設者はかなり少ないと思うので当選期待はあると感がています!!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ