IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
IPO口座が少なく幹事を引受ける見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ むさし証券でIPOの当選を狙うには?
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



SMBC日興証券でIPOの当選をするには?IPO抽選ルール

SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよいでしょうか?

IPO抽選ルールについて詳細を記載します。
何度もIPOに当選している企業なので個人的にも必須口座となっています!
 

SMBC日興証券のIPO当選方法と抽選ルール
 

SMBC日興証券のIPO抽選ルールを見ると1口座1抽選方式と掲載されています。
ということは口座数が多ければ多い程、優位に抽選参加が出来ることになります。
例えば家族に協力してもらうのも一つの手だと思います。
 

多くの方にIPOの配分を行うために最低単位での配分となります。
また、一般投資家への配分は10%を目途に行うということで、全体引受の10%がネット口座へ回ると考えて良いでしょう。
日本証券業協会のルールに従っている訳ですね~
 

SMBC日興証券のIPO抽選ルールはと取扱い市場は?

SMBC日興証券ではIPO抽選が行われますが、地方上場だとインターネット売却ができません。売りたいときはコールセンターに電話をしなければいけないので覚えておきましょう。
※福岡証券取引所や名古屋証券取引所、札幌証券取引所での上場の際はネットからの売却が不可
 

しかし、地方上場のIPOは少ないためIPOに当選してから考えればよいと思います。
IPO当選後に申込忘れやキャンセル等を行った場合は1か月間のIPO申込が出来ないペナルティーがあります。
利益が出るかどうか解らない銘柄の場合にはIPOが当選しやすい傾向があります!
 

また、リートIPO銘柄の主幹事になることが多いため、リートIPOの当選はかなり確率が高くなります。
そもそもリートIPOは市場からの吸収金額が大きいため必然的に株数も多くなります。そう考えると、SMBC日興証券はIPOの当選確率がかなり高いので絶対に口座を持っておくべき企業だと思います。
リートIPOは取れても数万円ですが、数が増えればそれなりの利益になります。
 

ジグソーIPO当選できた

サイバーダインIPO当選SMBC日興証券

STUDIOUSにSMBC日興証券で当選

%e6%97%a5%e8%88%88ipo%e5%bd%93%e9%81%b8%e7%a2%ba%e7%8e%87
 

SMBC日興証券のIPOがなぜ人気なのか?

SMBC日興証券のIPOが当選がしやすい特徴として銘柄別に資金が拘束されることが上げられます。
IPOのブックビルディングを申し込んだ段階で資金拘束となり、ブックビルディングが重なっていた場合は別々に資金が要ることになり申込者がばらけます。
資金がある人は当然当選しやすい結果が待っています。
 


※マネックス証券も銘柄別に資金を拘束されます
 

IPO申込番号なども申込終了時に出るので人気度合いが把握できることにも特徴があります。IPO口座を作っておきたい企業の一つですね!
正直なところ日興に口座が無い時点でIPOへの関心は低いでしょう。
 

リートIPOの主幹事を手掛けることが多いので、お小遣い程度を狙うにはリートIPOも良いと思います。
口座が無いとIPO投資では厳しいと思います。
 


 

SMBC日興証券のダイレクト口座手数料でIPO売却メリットも!

SMBC日興証券は店頭証券と呼ばれる対面取引が主力です。担当者が付く口座ですね~
ダイレクト口座はインターネットを主体とした口座なので手数料などが他の店頭証券に比べてかなり低く抑えられています。
 

仮にIPOに当選し、20万円の株が50万円になった場合には432円の手数料が掛かります。
店頭証券の手数料体系であれば一般的に5,600円程掛かります。これだけでもすごくお得だと思います。
店頭証券のインターネット口座手数料も最近では見直されていますが、まだまだ高いのでSMBC日興証券のダイレクト口座が手数料でも助かるはずです。
 

IPOの取扱い数は抜群に多いため、口座を持っておいて損はありません。
店頭口座を持っていてもネット申し込みの場合は、ダイレクト口座と同じなので手数料が高くつくだけです。担当者がいなければ、ダイレクト口座に変更するだけでもメリットがあると思います。
 

⇒ SMBC日興証券HP

コメントを残す

*

サブコンテンツ
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter始めました

このページの先頭へ